外注さんに聞いた ランサーズをはじめたきっかけ

ランサーズ
ランサーズは、仕事を外注したい人と受注したい人をマッチングするクラウドソーシングプラットフォーム。私も以前ご紹介したように、ブログの記事執筆の一部を依頼しています。ランサーズは、外注する側にとっては「比較的安く発注ができたり」「能力を持った人と出会えたり」しますし、手軽なので利用しやすく、受注側にとっては、自分が持つスキルを利用して、多くの発注者から受注できるチャンスを得たり、副業するチャンスを見つけたりすることができ、受注者、発注者ともにハッピーになれるWin-Winなサービスです。

ランサーズ 公式サイトへ

今回は、これからランサーズを始めようとされる方に参考になればと、私が仕事を何回か依頼しているランサーさんにランサーズをはじめたきっかけ、はじめた経緯を聞いてみました。

スポンサードリンク

外注さんに聞いた ランサーズをはじめたきっかけ

ここからは、外注さんに聞いたランサーズをはじめたきっかけを紹介します。これから先は、すべて外注さんが書いた文章で、変更は加えていません。ランサーさんの読みやすい文章校正にも注目してみてください。

タイピング

外注さんの言葉↓

今ではすっかり、ちょっとした習慣となった、ランサーズでのライティング。もともと文章を書くことが好きだったので、スキマ時間を上手に活用できそうな、在宅ライターの仕事を探していていました。クラウドソーシングのサイトも色々あるのですが、会員登録をしてみなければ、実際の作業ページやマイページの機能を見ることができないので、どのサイトが良いかもわからず・・・。そこで、とりあえず会員登録をしてみて、良さそうだと思ったサイトがあれば続けていくことにしました。その結果、今は二つのサイトをメインサイトとして掛け持ちしています。そのうちのひとつが、「ランサーズ」でした。

まず一番最初にはじめたのが、「サグーワークス」という記事作成特化型クラウドソーシング。サグーワークスでは、指定された内容に沿って、口コミやアンケートのまとめ、ブログ記事などの作成を行います。単価は案件によって異なるものの、これだとかなりの分量を書かなければならないな~と、少し気が遠くなるような印象。

そこではじめたのが、サグーワークスの「プラチナライター」。サンプル記事作成による適性検査を受け、合格してプラチナライターに。プラチナライターになると、案件が個人宛にメールで届くようになり、報酬も1記事だいたい1000円/1000字~で、ある程度保証されるように。プラチナ会員になると、案件を頂いてから納品するまでを、運営会社の方とのメールを通して行います。プラチナライターの案件依頼は定期的にくるものではなく、案件数も月によって様々。そこで、案件数の月ごとの偏りを調整できるように、もうひとつのクラウドソーシングのサイトでのライティングを始めることに。

そうして始めたのが、「ランサーズ」でした。ランサーズの記事作成のお仕事は、「タスク型」という指定された内容に沿って書くものと、「プロジェクト型」というクライアントから固定報酬の案件を頂いて、1つのプロジェクトで複数の記事をセットで作成するものがありました。タスク型はサグーワークスと同じような要領でしたが、「プロジェクト型」をやってみると、クライアントとの直接のコミュニケーションもあり、「どこかのウェブサイトで使用される素材としての文章作成」にとどまらない楽しさや価値を感じることが出来たことから、ランサーズいいかも!という印象を受けました。

同じクラウドソーシングのサイトでも、「プラチナライター」という制度があったり、「タスク型」と「プロジェクト型」に分かれていたりと、スタイルも様々。会員登録をしてみて、実際にいくつかのスタイルを体験してみると、サイトごとに自分にあうライティングスタイルが見つかるのかもしれません。

まずはランサーに登録してみては?

いかがでしたでしょうか?クラウドソーシングを利用して案件の受注を検討されている方は、まず一度ランサーズに登録して、今ある案件を眺めてみてはいかがでしょうか?実際にスタートしなくても、自分の技量でどの程度稼げるかがぼんやり見えてくると思います。



スポンサードリンク