ThinkPad E460 | 高コストパフォーマンスモデル!

ELenovoのThinkPadはIBMから引き継いだ伝統的ブランド。多くの人に愛され、利用され続けています。昔から変わらないのが操作性へのこだわりで、タイプしやすく使いやすい印象です。思い返せば、私の初めてのノートPCもThinkPadでした・・・。

さて、今日はそんなLenovoのThinkPadシリーズのE460について。

E460は第6世代のIntelプロセッサーを搭載しながら価格を落としたとてもコストパフォーマンスの良い14.0型のノートPC。今回はE460の魅力をお伝えします。

スポンサードリンク

ThinkPad E460 | 高コストパフォーマンスモデル

第6世代 インテルCoreプロセッサー搭載

ThinkPad E460のポイントは何よりこの価格帯ながらIntelのプロセッサーを搭載できるところ。以前のプロセッサーに比べ、グラフィック性能が改善され、さらにバッテリー駆動時間も長いです。

薄くて軽い筐体

ThinkPad E460は、最小構成で約1.92Kg、最薄部約24.4mm。この価格帯、この筐体のPCはどうしても重くなりがちですが、ThinkPad E460は持ち運びやすさも兼ね備えています。これくらいの筐体であれば、家の中の持ち運びはそこまでストレスにならないと思います。

IPSパネルフルHD液晶が選択可能

ThinkPad E460は、IPSパネルのフルHD液晶が選択できます。IPS液晶なら視野角も良く見やすいです。

ThinkPad E460は6万円台のエントリーパッケージでも十分

ThinkPadE460のレノボ・ショッピングで取り扱いのエントリーパッケージは、お求めになりやすい価格帯ながら必要十分を満たした満足いくもの。PCに負荷のかかるExcelのマクロや動画・静止画の編集などを行わず、ブラウジングとメールがメインでときにOfficeを利用する程度でしたらこの辺りで十分に思います。

選択項目
CPU インテル Core i3-6100U プロセッサー (2.30GHz, 3MB)
初期導入OS Windows 10 Home 64bit
導入OS言語 Windows 10 Home 64bit – 日本語版
Microsoft ソフトウェア なし
ディスプレイ 14.0型HD液晶 (1366×768)
メモリー 4GB PC3L-12800 DDR3L (1スロット使用)
グラフィックス インテル HD グラフィックス 520
セキュリティーチップ TPMあり
ディスプレイ・パネル 14.0型HD液晶 (1366×768 光沢なし) ブラック
キーボード 日本語キーボード
指紋センサー 指紋センサーなし
内蔵カメラ カメラ(HD 720p対応)あり、マイクロフォンあり
ハード・ディスク・ドライブ 500GB ハードディスクドライブ, 7200rpm
バッテリー 6セル リチウムイオンバッテリー
電源アダプター 45W ACアダプター
ワイヤレス インテル Dual Band Wireless-AC 3165 + Bluetooth 4.0 (1×1) vPro非対応
付属品 日本語
1年間 片道引き取り修理 日本語
価格 64,800円(2016年2月16日現在)

レノボ公式サイト ThinkPad E460詳細ページへ

クーポン限定特価も

先ほどご紹介した構成ですが、期間限定のセールで値段が安くなっていることも。以下のリンクから価格を確認してみてください。

レノボ公式サイト キャンペーン詳細はこちら

Lenovo公式サイトで購入時はクーポン番号を入力して価格を確認

Lenovoの公式サイトの価格は、カートでクーポン番号を入力することでキャンペーン価格になります。クーポン番号を入力する必要があるので、クーポン番号はあらかじめコピーしておいてください。

レノボ公式サイト キャンペーン詳細はこちら