ThinkPad T460s | 最安構成は11万円台!

T460s

レノボのThinkPadはビジネスマンを中心に人気のあるPCブランド。IBMが生産していた時代から培われてきた品質と性能が、いまもなお支持されています。

さて、今日はそんなLenovoのThinkPadシリーズのモバイルシリーズであるT460sについて。T460sはモバイルPCとして薄型軽量化を実現したモデル。携帯性を高め、移動が多い方の強い味方となる一台で、選ぶ方も多くいらっしゃる人気のシリーズです。今回はThinkPad T460sの最安値の構成についてご説明します。T460sの筐体やバランスが好きだけど、価格は抑えて購入したいという方へ。お役に立てればと思っています。

レノボ公式サイト ThinkPad T460s詳細ページはこちら

スポンサードリンク

ThinkPad T460sの最安構成は11万円台

ThinkPad T460sは、様々なスペック構成が選べるため、上下にその価格レンジが広がっています。ThinkPad T460sのレノボ・ショッピングで取り扱いの最安値構成は以下の通りになります。

選択項目
CPU インテル Core i5-6200U プロセッサー (2.30GHz, 3MB)
初期導入OS Windows 10 Home 64bit
導入OS言語 Windows 10 Home 64bit – 日本語版
Microsoft ソフトウェア なし
ディスプレイ 14.0型FHD液晶 (1920×1080 IPS)
グラフィックス インテル HD グラフィックス 520
メモリー 4GB PC4-17000 DDR4 (オンボード)
カメラ カメラなし、マイクロフォンあり
キーボード 日本語キーボード
指紋センサー 指紋センサーなし
TPMセッティング あり(TCG V2.0準拠)
ハード・ディスク・ドライブ 128GB ソリッドステートドライブ SATA
カード・スロット スマートカードリーダーなし
フロント・バッテリー 3セル リチウムイオンバッテリー (23.5Wh) 前面
リア・バッテリー 3セル リチウムイオンバッテリー (26Wh) 背面
電源アダプター 45W ACアダプター
ワイヤレス インテル Dual Band Wireless-AC 8260(2×2) + Bluetooth 4.1 vPro非対応
ディスプレイタイプ 14.0型FHD液晶 (1920×1080 IPS 光沢なし) カメラあり、マイクあり、WiGig対応
付属品 日本語
標準保証 1年間 引き取り修理
価格 114,156円(2016年2月23日現在)

検討のポイント

今回ご紹介したのは、T460sのエントリーパッケージ。Core i5に4GBのノートPCはよく見かける標準構成なので、パフォーマンス上、特に負荷のかかる作業(Excelマクロや画像・映像処理)をしないようでしたらスペック上の問題はないと思います。必要があれば、メモリーの追加やCPUのアップグレードをご検討ください。

そのほか、カスタマイズするのであれば、作業用途によって液晶画面の解像度を上げたり、タッチパネルにしたり。スカイプをよく利用されるようでしたら、カメラ付きにしたり。プラスαをご検討いただければと思います。

T460sは比較的手ごろなエントリーパッケージでも十分にパフォームしてくれる印象です。

Lenovo公式サイトで購入時はクーポン番号を入力して価格を確認

Lenovoの公式サイトの価格は、カートでクーポン番号を入力することでキャンペーン価格になります。クーポン番号を入力する必要があるので、クーポン番号はあらかじめコピーしておいてください。クーポン番号は公式サイトで確認できます。

画像引用:レノボ公式HP

スポンサードリンク