ThinkCentre X1 | 23.8型の一体型デスクトップは好感触

thinkcentre-x1

LenovoのThinkCentreはアルミニウム合金製のオールインワン・デスクトップPC、凛とした佇まいに、プロフェッショナルユーザー向けの、確かな性能が詰め込まれたとてもバランスの良いモデルです。

さて、今回はそんなThinkCentre X1について、その特長をご紹介します。

スポンサードリンク

ThinkCentre X1の特長

ThinkCentre X1は、X1シリーズの冠を持つX1シリーズ。他のX1シリーズと言えば、モバイルPCのThinkPad X1 CarbonやThinkPad X1 Yogaなど。今回ご紹介するThinkCentre X1は唯一のデスクトップモデルです。ここからはThinkCentre X1のおすすめポイントを紹介します。

薄型の凛とした佇まい

薄さ
ThinkCentre X1は何よりもその薄さ。アルミニウム合金を使用したボディはわずか11mmです。

ハイパフォーマンスな駆動性能

性能
ThinkCentre X1はただ薄いだけではありません。パフォーマンスを担保したい方のために、新型のCore-i7プロセッサーを選択することが可能です。またメモリーも16GBまで選択可能。動画や静止画の編集、Excelのマクロ作業などを行う方はぜひ上の構成をお選びください。

表示性能

表示性能
ThinkCentre X1は、23.8型の FHD (1920 x 1080) 広視野角アンチグレアディスプレイを搭載しています。アンチグレアだから、画面の映り込みが抑えられるため、置く場所の制限があまりないのも魅力です。iMacなどのグレア液晶の場合、なかなか反射して見にくい、なんてことがありましたが、ThinkCentre X1はその点安心です。

モニター画面が可動

稼働
モニター画面可動範囲が-5~45度で、自由に調整ができます。

ThinkCentre X1はエントリーパッケージでも十分稼働

レノボの直販サイトで販売されているThinkCentre X1エントリーパッケージはとても価格と性能のバランスの取れた構成。特にマシンに負荷をかけた作業をしないのであれば、この構成がおすすめです。

レノボの公式サイト ThinkCentre X1公式ページへ

選択項目
CPU インテル Core i5-6200U プロセッサー (2.80GHz 3MB)
初期導入OS Windows 10 Home 64bit
導入OS言語 Windows 10 Home 64bit – 日本語版/英語版選択可能
Microsoft ソフトウェア なし
メモリー 4GB PC4-17000 DDR4 SODIMM
ビデオカード 内蔵グラフィックスカード
ディスプレイサポート なし
ハード・ディスク・ドライブ 120GB ソリッドステートドライブ 2.5インチ SATA
ワイヤレスLAN インテル Dual Band Wireless-AC 8260(2×2) + Bluetooth 4.1 vPro非対応
カードリーダー メディアカードリーダー
キーボード USB フルサイズ スリム キーボード – 日本語
マウス USB オプティカル マウス
VESAマウント なし
本体スタンド オーキッド モニタースタンド
シャーシ イントルージョン スウィッチ シャーシイントルージョンスイッチなし
付属品言語 日本語
標準保証 1年間 翌営業日出張修理
価格 Eクーポン適用後136,890円(2016年2月11日現在)

レノボの公式サイト ThinkCentre X1公式ページへ

選択時の検討ポイント

上記のベーシックな構成注文にあたっては、USBマウスを付けるかは検討できるポイントだと思います。マウスは他のマウスも利用できますので、選択から外して他のメーカーのマウスを購入しても良いと思います。

Lenovo公式サイトで購入時はクーポン番号を入力して価格を確認

Lenovoの公式サイトの価格は、カートでクーポン番号を入力することでキャンペーン価格になります。クーポン番号を入力する必要があるので、クーポン番号はあらかじめコピーしておいてください。クーポン番号は公式サイトで確認できます。

レノボの公式サイト ThinkCentre X1公式ページへ

引用:レノボ公式HP