ThinkPad X260とX250のスペックを比較

X260LenovoのThinkPadはコストパフォーマンスの優れたシリーズとして多くの人に人気。私の周りのWindowsユーザーでも結構使っている人が多いです。何よりもそのコストパフォーマンス。スペックと価格のバランスがとてもよく、選ばれる理由がとてもよくわかります。

さて、今回はそんなThinkPadの人気シリーズである「X260」について。2016年1月に発売になったX260のスペックについて前モデルであるX250と比較して解説したいと思います。

LenovoのThinkPad X260とX250のスペック比較

LenovoのThinkPad X260は2016年1月に発売になったモデル。全モデルのX250は人気のモデルでビジネス・プライベートユース両方に対応した素晴らしいモデルでした。ここではThinkPad X260とX250を比較して、前モデルとの違いを見ていきましょう。

スポンサードリンク

大きな変化点

大きな変化点は以下の通りです。

・VGA端子がなくなり、HDMI端子を搭載
・USBポートが2つから3つに

スペック表比較

X260とX250のスペック表を見ていきましょう。

モデル ThinkPadX260 ThinkPad X250
画面 ・12.5型HD液晶 (1366×768 光沢無)
・12.5型HD液晶 (1366×768 IPS 光沢無)
・12.5型HD液晶 (1366×768 IPS 光沢無)
・12.5型HD液晶 (1366×768 光沢無)
・12.5型FHD液晶 (1920×1080 IPS 光沢無)
・12.5型HD液晶 (1366×768 IPS) マルチタッチパネル(10点)
・12.5型FHD液晶 (1920×1080 IPS) マルチタッチパネル(10点)
 初期導入OS ・Windows 10 Home 64bit
・Windows 10 Pro 64bit
・Windows 7 Professional SP1 32bit (Windows 10 Pro 64bit ダウングレード権行使)
・Windows 7 Professional SP1 64bit (Windows 10 Pro 64bit ダウングレード権行使)
・Windows 10 Home 64bit
・Windows 8.1 64bit
CPU ・Core i7-6600U(2.60GHz, 4MB)
・Core i5-6300U(2.40GHz, 3MB)
・Core i7-6500U(2.50GHz, 4MB)
・Core i5-6200U(2.30GHz, 3MB)
・Core i3-6100U(2.30GHz, 3MB)
・Core i7-5600U(2.60GHz, 4MB)
・Core i5-5300U(2.30GHz, 3MB)
・Core i5-5200U(2.20GHz, 3MB)
・Core i3-5010U(2.10GHz, 3MB)
ストレージ ・500GB HDD
・1TB HDD
・SSHD(500GB HDD + 8GB NAND型キャッシュ)
・128GB SSD
・SSD 192GB
・SSD 256GB
・SSD 512GB
・HDD 500GB
・HDD 500GB
・HDD 1TB
・SSD 128GB
・SSD 192GB
・SSD 256GB
・SSD 512GB
メモリ ・4GB
・8GB
・16GB
・4GB
・8GB
・16GB
グラフィックス ・インテル HD Graphics 520 ・インテル HD Graphics 5500
Bluetooth ・Bluetooth 4.1 ・Bluetooth 4.0
ディスプレイ出力 ・HDMI ・VGA
USBポート ・3つ ・2つ
本体サイズ
(幅×奥行×高さ)
・305×208.5×20.3mm ・305.5×208.8×21.5mm(タッチ)
・305.5×208.5×19.9-20.3mm(非タッチ)
本体質量 ・約 1.45kg(Non-Touch/3セル+3セル/HDD)
・約 1.43kg(Non-Touch/3セル+3セル/SSD)
・約 1.49kg(Touch/3セル+3セル/HDD)
・約 1.45kg(Non-Touch/3セル+3セル/HDD)
・約 1.43kg(Non-Touch/3セル+3セル/SSD)
バッテリー駆動時間(JEITA2.0) ・最大 約11.4時間(3セルフロント+3セルリアリチウムイオンバッテリー搭載時) ・最大 約11.2時間(3セル+3セル Li-Poly システム・バッテリー搭載時)

ThinkPad X250から260への変更点まとめ

X260ThinkPad X260のスペックとして改良された点はまずはCPU。前世代CPUと比較して、起動時間やパフォーマンス、省電力性が大きく向上。さらにセキュリティ機能が内蔵され、安全性が向上しています。

そして、USB端子が増えたことは何よりも嬉しいところ。トラックパッドがいくら使いやすいとはいえ、マウスを使うことが多いのは事実。結果的に、USBポートの一つはマウスに占領されてしまいます。その上で2つポートが空いていれば2つUSB端子が必要な外付けドライブを利用できたり、さまざまなアクセサリーを快適に接続できます。

一方、ビジネス用途でご利用になる方はVGA端子からHDMI端子に切り替えがなされたところは要注意です。最近企業でもHDMI端子付きのプロジェクターを導入している企業が増えていますが、会議室にHDMIケーブルが用意されていないことも多々。X260をご購入になる際は、HDMIをVGAに変換するアダプターと、HDMIケーブルを合わせてご用意された方が良いと思います。

Lenovo公式サイトX260の詳細ページへ

Lenovo公式サイトで購入時はクーポン番号を入力して価格を確認

Lenovoの公式サイトの価格は、カートでクーポン番号を入力することでキャンペーン価格になります。クーポン番号を入力する必要があるので、クーポン番号はあらかじめコピーしておいてください。クーポン番号は公式サイトで確認できます。

Lenovo公式サイトX260の詳細ページへ

ThinkPad X260の購入の参考になれば幸いです。ぜひご検討ください。