[email protected]?基本機能の紹介など

lineLINE@はLINEが提供する「販促やファン獲得」に利用されるサービス。親しい間柄でのコミュニケーションに特化しているLINEとは別に、情報発信やビジネスに利用することを目的としたものになっていて、複数人にメッセージを送付するなどの機能を持っています。

スポンサードリンク

[email protected]

LINE@でできることを以下にまとめました。

・友達になったユーザーに対して一括でメッセージを送信
・友達になったユーザーと1対1のトーク
・自動登録メッセージの設定
・タイムライン・ホーム投稿
・友達数・ホーム投稿など統計情報の確認
・クーポンの配信
・PRページの配信
・アンケートの配信

ここから少し具体的に事例も含めて紹介していきます。

タイムライン・ホーム投稿ができる

ホーム・タイムライン
友達登録をしているユーザーのタイムラインへお知らせを投稿できます。タイムラインでは、ユーザーの友人の投稿と一緒に表示されるので、ユーザーが必ず目を通すものとなります。

PRページで、クーポンなどを作成・配信できる

PR
ユーザー側は、LINEアプリを通してLINE@の情報をチェックすることができますが、LINE@運営側は「LINE@」という専用アプリを使用して運営する必要があります。 その中のメッセージ送信機能のひとつである「PRページ」から、クーポンを作成、動画や画像を貼り付けるなどして、配信することができます。

アンケートが実施できる

リサーチ
アンケートや人気投票のようなユーザー参加型コンテンツを配信することで、自社商品やサービスの調査をし、ユーザーの顧客情報を調査することができる機能。マーケティングにも活用することができます。

LINE@を活用した例をいくつかご紹介!

例えば…「ムラサキスポーツ」の例

LINE@の各アカウント(お店側)は、利用者数(自社のLINE@を友達登録しているユーザー数)を増やすため、「友達登録で◯◯円割引」というサービスを行っているショップが多数あります。例えば、スポーツショップ「ムラサキスポーツ(藤沢店)」でも、こんな活用をしています。

ムラサキスポーツ

これは、お店のLINE@アカウントを友達追加するだけで、500円のクーポンがもらえるというもの。

レジ前に「LINE@友達追加で…」という割引情報がないかチェック!

レジ前
LINE@のアカウントを知らなくても、ショップのレジ前あたりを注意して見てみると、「LINE@はじめました」という広告があるので、そこからQRコードを読みとったりIDを入力したりして、アカウントを友達に追加することができます。友達に追加するだけで500円引きになるので、「じゃあもうひとつ、もう一枚」に繋がる確率が上がるのだとか。

見せるクーポンをタイムラインに投稿

ケンタッキーのLINE@活用例がこちら。
ケンタッキーのLINE@
タイムラインに「見せるだけで使えるクーポン」を投稿し、ユーザーがクーポンをダウンロードする手間なく使えるというもの。友達の投稿に紛れて配信されているので、日頃からタイムラインで、友人の投稿をチェックするユーザーには、かなりの確率で届く販促となっています。

他にもこんな活用例が…LINE@の活用方法は多様!

他にも、顧客・ユーザーと1:1でトークすることができたり、LINE上にHPを持つことができる機能も、LINE@の大きな特徴です。例えば、美容室などのLINE@では、予約を電話ではなくLINE上で行い、さらにアフターケアとして、施術後の状態を確認するメッセージなどを送ることができます。

人気サロン「Lani hair」のLINE@活用例

LINE@公式ブログによると、スタイリスト十数人が所属し、モデルやタレントのヘアメイクも行う人気サロン「Lani hair」では、予約の空きが出やすいお昼どきにLINE@を通じて「対象メニュー施術でオイルトリートメント無料サービス」という内容のおトクなメッセージを配信、その結果、その時間帯のお客さんの数が増えただけでなく、新規顧客のリピート率も2倍になったといいます。新規クーポン以降の顧客を獲得するのに苦戦する美容室でも、LINE@の活用が顧客獲得のための新しい試みとなっているようです。

LINEの持つリアルタイム性をうまく利用したマーケティング!

企業やブランド、お店とユーザーが、友達感覚で繋がることができるのが、「LINE@」の大きな特徴。クーポンやおトク情報の配信、顧客との1:1でのコミュニケーションも、「LINE」の持つ「リアルタイム性」をうまく利用した活用例。実際、この機能によって売り上げを伸ばした店舗が多数あるようです。

企業—顧客間のコミュニケーションのあり方を変え得るサービス、今後の使われ方にも注目したいところです。

スポンサードリンク