Macでフリーズ・固まったアプリを強制終了する方法

Macは多くのユーザーが支持するAppleのPCブランド。個人的にもここ数年はMacをメインに使用しており馴染みのあるブランドの一つ。シンプルで凛としたデザインと直感的な使いやすさが魅力ですよね。

さて、今日はそんなMacの使い方について。

Macで使用中のアプリが固まってしまって操作してもどうにも動かない時に有用な、アプリを強制終了する方法をご紹介いたします。

スポンサードリンク

Macでフリーズしたアプリを強制終了する方法

Macでフリーズしたアプリを強制終了する方法はいくつか手段があります。代表的なものから順に並べていきますので、ご確認ください。

アップルのメニューから強制終了する方法1

まずはじめにデスクトップ画面のメニューバー左上のアップルマークを押して「強制終了」を選びます。

強制終了を押す

「強制終了」を選ぶと「アプリケーションの強制終了」ウィンドウが立ち上がるので、強制終了したいウィンドウを選択し「強制終了」を押します。

アプリを選んで強制終了

アップルのメニューから強制終了する方法2

まずはじめに強制終了したいアプリを選択しておきます。

アプリを表示

その後、「Shift」キーを押しながらメニューバーのアップルマークを押すと、「XXXXを強制終了」という選択肢が表示されるので、それを押して強制終了します。

強制終了

Dockから強制終了する

まずはじめに強制終了したいアプリを右クリック、もしくは「Control」キーを押しながらクリックします。クリックすると、以下のポップアップメニューが表示されます。

ポップアップメニュー

ポップアップのメニューが出た状態で「Option」キーを押すと「強制終了」の選択肢が表示されるので、選択します。

強制終了する

アクティビティモニタから強制終了

まずはじめにLauncherを立ち上げて「その他」に進みます。

その他を選ぶ

アクティビティモニターに進みます。

アクティビティモニターに進む

強制終了したいアプリを選びます。

アプリを選ぶ

メニューバーの「表示」から「プロセスを終了」を選びます。

プロセスを終了する

以上になります。固まった、フリーズしてしまった時はもちろんのこと、通常の用途であっても強制終了させたい場合は上記の方法が有用です。ぜひ使うべきタイミングで使っていただければと思います。

Amazonのタイムセールもチェック

Amazonでは毎日お得なタイムセールを行っています。ノートPCを利用していくうえで必須のUSBケーブル類やiPhoneと接続するためのLightningケーブルなど。できれば安く済ませたい「あれこれ」を揃えるなら、Amazonのタイムセールは購入の場として、なかなかいい選択肢だと思います。

スポンサードリンク