Macのアプリの切り替えを素早く行う方法

表示画面Macは多くの人が支持するAppleのPCブランド。MacBookのような小型のPCからiMacのような大型デスクトップまで幅広い商品をラインナップしています。私もこれまでMacBook、MacBook Air、MacBookPro、iMacと利用してきましたが、どれも目的の用途にバッチリの商品でした。

さて、今日はそんなMacの使い方について。

Macで複数のアプリを同時に開いて作業をしているとき、それぞれのアプリを素早く行き来したいと思うことありませんか?もちろんMacなら可能です。

ここでは、Macのアプリの切り替えを素早く行う方法

スポンサードリンク

Macのアプリの切り替えを素早く行う方法

MacのFinderでMacのアプリの切り替えを素早く行う方法は簡単です。以下のプロセスを踏めば設定を変更することができます。

command+tabを押す

「command」キーと「tab」キーを同時に押します。押すと、以下の画面になります。

表示画面

アプリを選ぶ

「tab」キーを再度押すごとに、アクティブになるアプリが変わりますので、目的のアプリがアクティブになった時に手を話します。

アプリが切り替わりました。アプリを選ぶ

アプリが切り替わる

アプリが切り替わる

以上になります。

この操作はWindowsでも普通に使われる基本的な作業。毎回毎回アプリのアイコンを押していては、時間がかかり非効率ですので、今回ご紹介の早く切り替えられる方法で切り替えするようにした方が得策です。ぜひこの機会に覚えてしまってください。

スポンサードリンク