bootcampでWindows8.1のブルースクリーン対処法

bootcampMacのbootcampはWindowsを利用するユーザーにとってとても嬉しい機能。Windowsが使いたいけどMacのデザインが好きという方には願ったり叶ったり。一方で、MacにWindowsを入れているところもあり、動作が不安定なところやWindowsマシンでは必要のない調整が必要な部分もあります。ここで紹介するのはそのひとつ。bootcampでWindowsを8.1にアップデートした際にブルースクリーン、再起動が多発することがあります。この症状を改善させる方法です。

スポンサードリンク

bootcampのWindows8.1でブルースクリーンが出たら

bootcampのWindows8.1でブルースクリーンがでて、「SYSTEM THREAD EXCEPTION NOT HANDLED」と表示されて再起動を繰り返してしまう場合ドライバがインストールされていないことが原因のことが多いです。代表的なのは、グラフィックボードのドライバがインストールされていないこと。ここからはグラフィックボードのドライバインストールの手順を説明します。

NVIDIAのサイトでドライバをダウンロードしインストール

MacのグラフィックボードはNVIDIA製です。NVIDIAのサイトよりドライバをダウンロードします。 NVIDIAドライバダウンロードページへ NVIDIAdriver NVIDIAのページでは、型名と対応OSでドライバを検索できるようになっています。 お持ちのMacに搭載されているグラフィックボードの型名を確認し、ダウンロードしてください。 ダウンロードが完了したら、インストールしてください。ドライバインストール中は、以下のステップを踏みます。画面の流れに沿って進んでください。 ドライバインストール ドライバインストール 以上で設定は完了です。 作業中に急に再起動されると、データが飛ぶ以上に精神的に参ります。再起動のリスクを回避するためにも、要因となりそうなものは対処しておくことをお勧めします。なお、Windows8.1の再起動はグラフィックボードのドライバ以外が要因になっている場合もありますので、この方法だけでは解決しないことがあることもご承知おきください。

スポンサードリンク