Macで自動でiPhotoを起動させない設定方法

iphoto MacにデジカメやiPhone、SDカードをつなぐとiPhotoが立ち上がります。iPhotoに写真を取り込むときは便利ですが、SDカードにデータを移すときや、他の作業をするときにはすこしありがた迷惑。ただただフォルダ管理したい人や、その他の作業をメインにする人はこの機能をとめたいと思っているはず。ここでは、カメラやSDカード、iPhoneをMacにつないでもiPhotoが自動で立ち上がらないようにする方法をご紹介します。

スポンサードリンク

iPhotoの設定を変更する

MacでSDカードやiPhone、デジカメを接続した際にiPhotoを自動で起動させないようにするには、iPhotoの設定を変更します。わずか数ステップ。とても簡単です。

iPhotoを起動し環境設定を選択

まずは、iPhotoを立ち上げます。そしてメニューバーの「iPhoto」より「環境設定」を選択します。 環境設定を選択

一般設定を変更する

環境設定のウィンドウで一番左の「一般」タブのなかの「カメラ接続時に開くアプリケーション」の選択肢で、「割当アプリケーションなし」を選択します。 iPhotoの一般設定を変更する 以上で設定は完了です。MacにデジカメやSDカードをつないでも、自動でiPhotoが起動することがなくなります。iPhotoが毎回起動してストレスが溜まっていた方はぜひこの設定をして、Macの快適さを上げて行っていただければと思います。

スポンサードリンク