MacのDockを表示しない・させない方法

DockMacはWindowsとは異なるApple独自のOSを搭載し、その使い勝手も上々。細かいアップデートを行いながら、日々ユーザーフレンドリーになっています。そんなMacのインターフェースの代表ともいえるのが、画面下部に表示されているDock。ショートカットとして機能し、よく使うアプリにすぐアクセスすることができます。しかし、このDockは作業の邪魔になることもあります。縦幅をとってしまい、画面を十分に使うことが来ません。そんな状況に遭遇した際おすすめしているのは、Dockを一次的にしまってしまうこと。ここでは、MacのDockを表示させたり、させなかったり切り変えする方法を紹介します。

スポンサードリンク

MacのDockを表示しない・させない方法

MacのDockは表示させたり、表示させなかったりすることが可能です。ときにDockは邪魔になりますから、そのときの対応手段として覚えておくと便利です。MacのDockは以下の操作で「表示する、しない」を切り替えることができます。

Command + Option + D

上記操作を行うことで、Dockを表示させなくしたり、Dockを表示させたりすることができます。ディスプレイの垂直方向が足りなくなるのは、PCの宿命。縦幅を多く使いたいときなどにぜひご利用ください。

スポンサードリンク