MacBook 12インチの開梱レビュー 軽量コンパクトな秀逸モバイル

Mac我が家にMacが一台増えました。

これまで普段使いのPCはiMacを使いつつMacBookPro、あとはWindows、といった構成でしたが、Windowsマシンが調子悪くなってきたので買い換えることに。買い換えた先はWindowsではなくMacBookの12インチ。「基本的には自宅使い、けどたまには外で作業もしたい。だから軽量でコンパクトなものを」そんな思いから、12インチのMacBookに決定することにしました。

MacBookは軽くて薄くてデザインも秀逸。完全にモノとしての魅力にやられました。

ここからは12インチのMacBookを写真を交えてレビューしていきたいと思います。

MacBook 12インチ開封レビュー

12インチのMacBookを開封から紹介していきたいと思います。購入したのはこちらのMacBookです。

パッケージ

MacBook 12インチのパッケージは下の画像のよう。Appleが一貫して作り出している世界観を踏襲。ホワイトの箱に本体のグラフィックが描かれたシンプルなパッケージです。

MacBookの外箱

今回色をゴールドにしたため、側面の「MacBook」の文字色がゴールドになっています。個人的に、こういう気遣いが嬉しいところです。

MacBookの外箱

パッケージを開封

パッケージを開封すると以下の画像のよう。これもこれまでのMacを踏襲していて、開いた瞬間に「Mac買ったんだ、俺」と思える構成。上品なゴールドが光に反射し美しいです。

Mac開梱時

本体を取り出すとアクセサリーが

MacBook 12インチの本体を取り出すと下にアクセサリー。

Mac本体を抜いた後のアクセサリーなど

充電のアダプターとUSB-Cケーブル、あとは書類、ステッカーが入っていました。

アクセサリー内容物

開いたら液晶を保護するシートを取って

Macを開くと、液晶とキーボードの間に保護のシートが。

液晶の保護シート

保護シートをとると、こんな感じです。

保護シートを取った後のMac

USB-Cケーブル対応

今回のMacBookの特徴でもあるのがこれ。MacBook 12インチはこれまでのUSBの口を用意していません。替わりにUSB-Cが左の奥に搭載されていて、ここから充電も行います。

USB-C

ケーブルをつないだイメージはこのような感じです。

USB-Cをつないだmac

充電用アダプターもUSB-C対応

充電用のアダプターもUSB-C対応。いつもの四角のUSBの口は存在せず、Cタイプの口だけが存在しています。

充電アダプター

キーボードのストロークは浅め

見た目からもだいぶ分かりますが、キーボードは浅めです。表現としては「ペチペチ」打っていく感じといいましょうか、押し込む感じでは無いです。もともとMacBookをノートでは利用していましたので、初めは違和感ありましたが、数時間使っていると慣れてきたくらいで、思っていたほど打ちづらさによるストレスはありませんでした。

Macbookのキーボード

外観などの画像

外観を写真に収めましたので、紹介していきます。

キーボード

Mac Mac Mac

デスクに置いたMac

Mac Mac

MacBook 12インチのモバイル性能は秀逸

MacBookは非常に軽量で持ち運びが楽。MacBookProを持ち運ぶのとはぜんぜん違う、この快適さ、体への負担のなさはたまらなくいいですね。

現在MacBookは2015年モデルと2016年モデルが販売されています。2015年モデルの方が手頃。MacBookはもともとスペックを妥協して購入するもの。価格を優先するなら2015年モデルも余っていれば購入検討対象に入れていいと思います。

スポンサードリンク