Macを初期化する方法

MacBookAir
Macを知人に譲渡、販売するときはMacを初期化するもの。Macの中に入ったデータをそのままにして譲渡してしまっては、それらの情報が悪用されてしまうかもしれません。今回はMacの初期化方法をOS X Yosemiteを例に紹介します。なお、初期化の前には「Macを初期化する前に行うべきこと」をぜひ行ってください。

Macを初期化する前に行うべきことへ

スポンサードリンク

Macを初期化する方法

Macの初期化はステップ自体は比較的シンプル。以下の流れに沿って進めば初期化することができます。流れは「ディスクのフォーマット」→「OSのインストール」です。Macの初期化はステップ自体はシンプルですが時間がかかりますので、十分時間に余裕をもって行ってください。

初期化前に準備するもの

Macを初期化する前には以下のものをご準備ください。

  • ACアダプター
  • インターネット環境
  • Apple ID/Password
  • 準備ができましたら早速Macの初期化に移っていきたいと思います。

    Macの起動

    Macの初期化にあたっては、起動時点で「OS X ユーティリティ」を立ち上げます。起動時に以下のボタンを押してください。

    command + R

    「OS X ユーティリティ」が立ち上がります。

    ディスクの消去

    OS X ユーティリティダイアログのなかの、「ディスクユーティリティ」を選択します。
    OS X ユーティリティ

    選択後表示された画面では、まず左の列にある「Macintosh HD」を選択し、上段の「消去」タブをクリック。さらに、右下にある「消去」をクリックします。「消去」クリック後は確認ダイアログが出ますが、「消去」を押して進みます。

    Macのディスクを消去
    完了したら、Macの上段のバーにある「ディスクユーティリティ」から「ディスクユーティリティの終了」を選択し、「OS X ユーティリティ」画面に戻ります。

    OS X の再インストール

    ここからは、OS X Yosemiteの再インストールを行います。OS X ユーティリティでは、「OS Xを再インストール」を選択します。

    OS X を再インストールを選択

    選択後は、以下の画面が出てきますので、流れに沿って進んでいきます。

    yosemiteinstall

    流れに沿って行くとApple IDを入力するよう要求されますので、用意していたApple IDを入力します。

    appleidinput

    OS X Yosemiteのインストールが開始されますので、あとはゆっくり待つのみです。Yosemiteのインストールが完了すると、通常の初期設定画面が現れますので、必要に応じて初期設定を行ってください。

    スポンサードリンク