Macで文字変換確定後に再変換する方法

MacMacは多くのユーザーが好んで使用するApple社のPCブランド。個人的にもここ数年、ソニーがPCから撤退して以来メイン機含めて使っており、いつの間にか自分はMacファンと言えるくらいMacを愛用しています。

さて、今日はそんなMacの使い方について。

Macを使用していて誤って変換した時、いつも一回その変換した文字を消して、もう一度打ち直したりしていませんか?実はMacは変換確定後に再度変換させるやり直しの機能があります。これを使えば、もう一回長々として変換文字を打つ必要がありません。

ここでは、Macで文字変換確定後に再変換する方法を紹介します。

スポンサードリンク

Macで文字変換確定後に再変換する方法

Macで文字変換確定後に再変換する方法は以下の通りです。便宜上、変換を間違ったところから説明します。

間違った変換をする

間違った変換の例として、「新井」を「荒い」と変換してしまったとしましょう。

荒い

間違った直後に「かな」キーを2回押す

間違った直後に「かな」キーを2回押します。

再度変換する

変換のウィンドウが立ち上がりますので、再度正しい変換を選びます。

再変換

以上になります。これを覚えておけば、2回同じフレーズを打つ必要がなく時間短縮につながります。ぜひご利用になってください。

Amazonのタイムセールもチェック

Amazonでは毎日お得なタイムセールを行っています。ノートPCを利用していくうえで必須のUSBケーブル類やiPhoneと接続するためのLightningケーブルなど。できれば安く済ませたい「あれこれ」を揃えるなら、Amazonのタイムセールは購入の場として、なかなかいい選択肢だと思います。

スポンサードリンク