Safariでユーザーエージェントを切り替える方法

Safari
自分のサイトがスマートフォンでどのように表示されているか確認したい。AndroidやiPhoneなど・・・。毎回毎回スマートフォンでサイトのレイアウトを確認するのも良いですが、やっぱりPCに向かっているからPC画面で確認できた方が手軽でいいですよね。今回は、PC画面でスマートフォンのレイアウトを確認する方法「ユーザーエージェントの偽装」の、Safari版をご紹介します。

スポンサードリンク

Safariでユーザーエージェントを切り替える方法

Safariのタブに「開発」メニューを出す

ユーザーエージェントを変更するためには、Safariの「開発」というメニューを利用します。「開発」メニューは通常表示されていませんので、まずはじめに「開発」メニューを表示させる設定をします。

Safariの環境設定を開く

Safariを開いた状態でメニューバーの「Safari」から「環境設定」を選びます。

環境設定に進む

「開発」メニューを表示させる

環境の「詳細」で、「メニューバーに「開発」メニューを表示」のチェックボックスにチェックを入れます。

開発メニューを表示させる

開発が表示される

メニューに「開発」と表示されました。

開発が表示される

Safariのユーザーエージェントを変更

開発メニューから変更

開発メニューが表示されたら、そこからユーザーエージェントの選択ができます。開発をクリックして「ユーザーエージェント」の部分に進むと、iPhone、iPad,Internet Explorerなど具体的な設定ができます。

ユーザーエージェントの変更

以上でSafariのユーザーエージェントを変更する作業は完了です。毎回スマートフォンを利用して表示を確認するのは時間がかかりますから、これまでの運用と大きな変化がない場合はこの機能を使って確認するなどして作業の効率化を図ってみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク