Macでスクリーンセーバー後 パスワード要求までの時間を設定する方法

MacBookMacはみなさまご存知のApple製のPCシリーズです。洗練されたデザインと、直感的なユーザーインターフェースが魅力で、多くの方がMacを選んでいます。

さて、今日はそんなMacの使い方について。

MacではWindowsと同様に、スクリーンセーバーを設定、スクリーンセーバー復帰時にパスワードを要求することができます。この際、細かい設定として、「スクリーンセーバーに切り替わってから、5分以上経ったら復帰時にパスワードを要求する」といった細かい設定ができます。

今回は、Macでスクリーンセーバー後 パスワード要求までの時間を設定する方法を紹介します。

スポンサードリンク

Macでスクリーンセーバー後 パスワード要求までの時間を設定する方法

Macでスクリーンセーバー後 パスワード要求までの時間を設定する方法は以下の通りです。

システム環境設定を立ち上げる

まずはじめに、Launcherから「システム環境設定」アイコンを押して、システム環境設定に進みます。

システム環境設定に進む

セキュリティとプライバシーに進む

セキュリティとプライバシーに進みます。

セキュリティとプライバシーに進む

パスワード要求までの時間設定を変更する

以下赤枠の「スリープとスクリーンセーバの解除にパスワードを要求」の右側にあるプルダウンからスクリーンセーバーに入ってからどのくらい時間が経ったらパスワード要求を行うかを変更します。

時間を変更する

以上になります。スクリーンセーバーはご自身の持つMacの情報を保護する上で基本的であり重要な役割を持つ機能です。

今回の設定は、セキュリティと作業効率の兼ね合いから「毎回スクリーンセーバーから復帰するときにパスワードを入力したくない、小時間の離席はリスクが少ない」と思われる方向けの設定です。

上記のように判断されるのであれば、私は今回の設定がとてもリーズナブルに思いますので、こちらの設定をしていただいても良いかと思います。※セキュリティ対策の最終判断はご自身でお願いいたします。

参考になれば幸いです。

Amazonのタイムセールもチェック

Amazonでは毎日お得なタイムセールを行っています。ノートPCを利用していくうえで必須のUSBケーブル類やiPhoneと接続するためのLightningケーブルなど。できれば安く済ませたい「あれこれ」を揃えるなら、Amazonのタイムセールは購入の場として、なかなかいい選択肢だと思います。

スポンサードリンク