Macでスクリーンセーバー後のパスワードを設定する方法

MacBookMacはみなさまご存知のAppleのPCシリーズ。持ち運び用途に最適なMacBookから、据え置き型として人気のiMacまで、広い用途に対応する商品がラインナップされています。

さて、今日はそんなMacの使い方について。

Macでスクリーンセーバーから復帰後パスワードを設定する方法を紹介します。これを設定すれば離席中に他の人にMacを触られても情報を閲覧される心配が少なくなります。

スポンサードリンク

Macでスクリーンセーバー後のパスワードを設定する方法

Macでスクリーンセーバー後のパスワードを設定する方法は以下の通りです。

システム環境設定を立ち上げる

まずはじめに、Launcherから「システム環境設定」アイコンを押して、システム環境設定に進みます。

システム環境設定に進む

セキュリティとプライバシーに進む

セキュリティとプライバシーに進みます。

セキュリティとプライバシーに進む

パスワードを要求するよう設定を変更する

以下赤枠の「スリープとスクリーンセーバの解除にパスワードを要求」にチェックを入れます。また、この際、赤枠の部分でパスワード要求までの時間も設定できます。

スリープとスクリーンセーバの解除にパスワードを要求にチェックを入れる

以上になります。持ち運び用途でMacをご使用になる方は、普段よりもセキュリティに気を使いたいところ。スクリーンセーバを利用するのはもちろんですが、スクリーンセーバー復帰時のパスワードはしっかり設定しておきたいところです。ぜひこちらの情報を元に、設定いただければと思います。

Amazonのタイムセールもチェック

Amazonでは毎日お得なタイムセールを行っています。ノートPCを利用していくうえで必須のUSBケーブル類やiPhoneと接続するためのLightningケーブルなど。できれば安く済ませたい「あれこれ」を揃えるなら、Amazonのタイムセールは購入の場として、なかなかいい選択肢だと思います。

スポンサードリンク