Macのカレンダーに祝祭日を表示させる方法

カレンダー表示Macは多くのユーザーから支持されるAppleのPCブランドです。私もユーザーとして好きで、これまで何台もMacを買い続けています。何より洗練されたデザインと直感的な使いやすさが魅力ですよね。

さて、今日はそんなMacの使い方について。

Macのカレンダーには、「成人の日」「建国記念の日」「春分の日」など、日本の祝祭日を表示させることができます。この表示があると、うっかり祝日を見落としてスケジュールを立ててしまうことがなくなり、仕事もプライベートにも便利。

ここでは、Macのカレンダーに祝祭日を表示させる方法を紹介します。

スポンサードリンク

Macのカレンダーに祝祭日を表示させる方法

Macのカレンダーに祝祭日を表示させる方法は簡単です。以下のプロセスで祝祭日を表示できます。

カレンダーアプリを起動する

まずはじめに、Launcherなどでカレンダーアプリを起動します。

カレンダーアプリを立ち上げる

環境設定に進む

メニューバーから「環境設定」をクリックします。

環境設定に進む

祝日カレンダーを表示する

赤枠の「祝日カレンダーを表示」にチェックを入れます。

祝祭日にチェックを入れる

祝祭日が表示される

祝祭日が表示されました。

カレンダー表示

祝祭日の表示を非表示にするときは?

祝祭日の表示を非表示にするときは、先ほどと同様に環境設定に進み、先ほど入れた「祝日カレンダーを表示」のチェックを外します。

祝祭日の表示を外す

カレンダーはOutlookもですが祝祭日が表示されている方が便利。Macのカレンダーをデフォルトで利用されている方は、ぜひこの祝日カレンダーをダウンロード、カレンダーに反映させてスケジュール管理に役立ててください。

Amazonのタイムセールもチェック

Amazonでは毎日お得なタイムセールを行っています。ノートPCを利用していくうえで必須のUSBケーブル類やiPhoneと接続するためのLightningケーブルなど。できれば安く済ませたい「あれこれ」を揃えるなら、Amazonのタイムセールは購入の場として、なかなかいい選択肢だと思います。

スポンサードリンク