Chromeでポップアップを許可する方法

Google Chrome, Internet Explorer, Firefoxなど、世の中には数多くのブラウザが存在します。私たちユーザーはその中から、意識的にメインブラウザを選び利用しています。Google Chromeは数あるブラウザのなかでも際立った人気を誇り、プライベート、ビジネス問わず多くの人が支持しています。そんなChromeですが、利用していると、ポップアップを許可するように設定しなおしてから再度試してくださいなどと表示されることがあります。こんなときはChromeのセッティングを変更します。今回はこの手順の踏み方を紹介します。

スポンサードリンク

Chromeでポップアップを許可する方法

Chromeの設定を開く

まずはじめに、Chromeの設定を開きます。開き方はいつもと同様、アドレスバー右のアイコンから進んでください。

Chromeの設定を開く

詳細設定を表示させる

以下の画面が出てきたら、図の赤枠の通り「詳細設定を表示」を押してください。詳細な設定画面が表示されます。

Chromeの詳細設定を開く

プライバシー設定を変更する

詳細な設定画面に進んみましたら、プライバシーの項目にある「コンテンツの設定」を押下します。

コンテンツの設定をクリック

つぎに表示される画面ではポップアップの許可について二つの方法を選択できます。

・すべてのポップアップを許可する
・一部のドメインのものだけを許可する

すべてのポップアップを許可する場合

すべてのポップアップを許可する場合は、表示されている画面のポップアップ部で「すべてのサイトに対してポップアップ表示を許可する」にラジオボタンを入れます。

すべてのポップアップを許可する

一部のドメインのものだけを許可する場合

一部のポップアップを許可する場合は、表示されている画面のポップアップ部で「例外の管理」をクリックします。

例外の管理をクリック

その後表示される以下の画面でポップアップを許可したいサイトのドメインを入力し「完了」をクリックします。

例外ドメインを入力

以上で一連の作業は完了です。Chromeでポップアップの設定を変更したい際にはぜひご利用ください。

スポンサードリンク