Chromeが重いときに効く5つの解決方法

ChromeGoogleが提供するクロームは高速で人気。私も長年使い続けてきましたがここにきて急に不調気味。立ち上がりや動きが遅かったり、ときにはフリーズしてしまいChromeを再起動させなくてはならないほどに。Windows10にアップグレードしたせいもあるのかと思いましたが、いわゆる「一般的な」Chromeが重いときの対応策を施したところ、しっかりChromeのパフォーマンスが戻ってきましたので、こちらで紹介したいと思います。

スポンサードリンク

Chromeが重いときの解決策

どのブラウザより高性能で速いと定評のあるGoogle Chrome。Google Chomeが遅いときは以下の対処法を試してみてください。手順はそれぞれそこまで難しくありません。以下で紹介する順番通りに進めていただければ実行できると思います。

解決策1:Chromeを64bitにする

Google Chromeが遅い場合、お使いのChromeが32bitの可能性があります。これを64bitにすることでパフォーマンスが改善することがあります。まずはじめに、お使いのChromeが何bitかを確認します。Chromeの三本線マークより設定に進んでください。

Chromeの設定を開く

左の「概要」をクリックします。

概要をクリック

概要画面の赤枠部分に64itの表記が無ければ32bitです。64bitの表記がある方はこれ以降の作業を行う必要はありません。

64bit

お使いのChromeが32bitだと分かった方はChromeのサイトより64bit版をダウンロードしインストールしてください。まずはChromeのサイトへ進みます。

Chromeのサイトへ

Chromeのサイトでは、分かりにくいですが以下の赤枠にある「別のプラットフォーム向けの Chrome をダウンロード」をクリックします。

別のプラットフォーム向けの Chrome をダウンロードをクリック

クリック後はお使いのOSを選択します。Windowsの場合、以下の赤枠をクリックします。

OSの選択

ダウンロードが完了したら、Chromeブラウザを終了して、ダウンロードした「ChromeSetup.exe」を実行してChromeの64bit版をインストールします。

Chromeの64bitをインストール中

以上でChrome64bit版のインストールは完了です。

※もしインストール時に「すでに同じバージョンを使っている旨」のエラーが出た際はタスクマネージャーなどでChromeを完全に終了してから再度お試しください。

解決策2:グラフィックボードのドライバーを最新にする

PCで利用しているグラフィックボードのドライバーを最新にします。グラフィックボードはPCによって異なるのでご自身のPCに搭載されているものをご確認の上、ドライバーを探してください。

※最近のChromeの速度が遅いのは、こちらに起因している可能性が高そうです。(2016年5月20日)

解決策3:キャッシュ・閲覧履歴をクリアする

まずはじめに、Chromeの設定からキャッシュや閲覧履歴をクリアしていきます。Chromeの三本線マークより設定に進んでください。

Chromeの設定を開く

設定に進んだら、以下赤枠の「詳細設定を表示」をクリックします。

詳細設定を表示をクリック

その後、プライバシーのカテゴリーで「閲覧履歴のデータの消去」のボタンを押します。

閲覧履歴データを消去を押す

その後、キャッシュや閲覧履歴など、出来る限りの項目にチェックを入れて「閲覧履歴データを消去する」を押します。

閲覧履歴データを消去
※パスワードや自動入力フォームのデータを削除する際は、それぞれの項目についてメモ等残しておくことをおすすめします。

以上でキャッシュ・閲覧履歴の削除は完了です。

解決策4:プライバシー設定をオフにする

つぎに、Chromeの設定からプライバシー設定をオフにしていきます。前回と同様、Chromeの三本線マークより設定に進んでください。

Chromeの設定を開く

設定に進んだら、こちらも前回と同様、赤枠の「詳細設定を表示」をクリックしてください。

詳細設定を表示をクリック

プライバシーのカテゴリーに属するオプションをすべてオフにしてください。

オプションをすべてオフに
※ご自身の判断でできるところのみオフにしてください。

こちらでプライバシー設定のオフは完了です。

解決策5:拡張機能を削除する

最後にChromeの拡張機能を削除していきます。これまでと同様、Chromeの設定に進んでください。

Chromeの設定を開く

設定に進んだら、左の赤枠「拡張機能」をクリックします。

拡張機能へ

不要と思われる拡張機能の横にあるゴミ箱マークをクリックし、拡張機能を削除していきます。

拡張機能を削除

以上で拡張機能の削除は完了です。

以上の対策で私のWindows10のChromeはその動きを取り戻しました。Chromeが遅くなる原因は人それぞれですが、もしChromeが遅くなってしまった場合はこちらの対策も試していただければと思います。

Amazonのタイムセールもチェック

Amazonでは毎日お得なタイムセールを行っています。ノートPCを利用していくうえで必須のUSBケーブル類やiPhoneと接続するためのLightningケーブルなど。できれば安く済ませたい「あれこれ」を揃えるなら、Amazonのタイムセールは購入の場として、なかなかいい選択肢だと思います。

スポンサードリンク