Gmailで送信したメールの取り消し方法

仕事でもプライベートでも、メールを送信した後に「しまった!間違った!」と思うことはたまにあるもの。途中で送ってしまったり、宛先を間違ったり、急いでいるとどうしても起こしがちです。そんなときのためにGoogleのGmailでは、送信したメールを取り消せる機能が用意されています。送信後、任意の秒数以内(最大30秒)であれば、以下の図の赤枠のボタンを押すことでメールを取り消すことができます。

Gmailの取り消し

この機能はGmailで設定することで実現できます。今回はその設定方法をご紹介します。

スポンサードリンク

Gmailで送信したメールを30秒以内で取り消し可能にする設定方法

Labで取り消し可能な設定にする

Gmailでは「Labs」のなかに、Gmailで送信したメールを取り消せるオプションを設定できる場所があります。

・Gmailの歯車のアイコンをクリックし、設定に進む
設定に進む

・Labのタブを表示し「送信取り消し」を有効にする
Labのタブを開き設定する
設定画面の上部に並ぶ項目のうち、「Lab」を選択すると、設定項目が表示されます。その下部に「送信取り消し」の項目がありますので右側の「有効にする」「無効にする」の切り替えを行い有効にします。これで送信メールの取り消しができるようになりました。

取り消し可能時間を設定する

取り消しを可能にしてからは任意の取り消し可能時間を設定します。最大30秒まで設定できます。

・Labと同じ並びの「全般」に進み時間を設定する
取り消し可能時間を設定する
Gmailの設定画面で「Lab」と並列に並んでいる「全般」の項目から、取り消し可能時間を設定します。「全般」をクリック後、送信取り消し機能を有効にする項目の中にある「取り消せる時間」を任意に設定。設定後、指定した時間内まで取り消しを行うことができるようになります。

うっかりやりがちな送信ミス。「気づかず送っていた」は仕方ないけれど、送った矢先に気づく誤送信はなんとか取り戻したいものですから、本設定を行って、そのチャンスを作っておいてはいかがでしょうか?おすすめの設定です。

スポンサードリンク