Logicoolの705rが故障 交換まで2日の迅速メーカー対応

705ロジクールのマウスが好きです。特にロジクールのマラソンマウスM705シリーズ。とにかく私の手に馴染むのと必要十分な機能。自宅のiMac用と仕事用、外出用で3つ使い分けているほどです。そんなロジクールのM705rですが、最近どうも動きが悪くなってきました。一番大変なのがドラッグ&ドロップができないこと。ブログを書く僕の身にとってドラッグ&ドロップができないのは致命傷。放電などいくつか改善策試してみたのですが大きな変化なし。そこでロジクールに問い合わせることにしました。今回は私の症状と、ロジクールとのやりとりを紹介します。

スポンサードリンク

M705rの故障症状

私のM705rで起こった症状は、ドラッグ&ドロップができない、文字をドラッグできないというもの。目的のところまでドラッグする途中でドラッグが解除されてしまいます。このブログを書くときも画像をドラッグ&ドロップでブラウザに移動させているのですが、なかなか画像が挿入できずイライラしていました。この現象はチャタリングという症状で、マウスに溜まる静電気が原因とのこと。Logicoolのマウスでは実は結構起こっていることがインターネットで調べているとわかりました。

対処方法の代表例

対処法としていくつかメジャーなものがあります。

・電池を抜いて、マウスのクリックを10〜20秒ほどする

私はこれをやって、一時的によくなりましたがやっぱり再発しました。Logicoolの保証は3年間。保証期間内なので、対応してもらえるだろうとLogicoolに問い合わせをしました。

ロジクールに電話で問い合わせ

ロジクールの電話問い合わせはとてもシンプル。電話受けた方に、マウスで「ドラッグ&ドロップができない」と伝えると「申し訳ございません」といい、交換の手続きに入って行きました。私が使っていたM705rはもう製造中止になっていて後継モデルのM705tに交換になるとのこと。また、保証書、購入がわかるものはあるかと聞かれ、あることを回答しました。そして、今後のフローとして、メールを送るから、メールに必要事項と保証書のスキャンor写真を添付して送れば交換品のM705tを送るとのこと。メールアドレスを伝え電話を切りました。電話での対応は約5分程度。マウスの故障は交換が基本的なフローになっているのか、とてもスムーズでした。

ロジクールとのメールでのやりとり

電話を切ってすぐにロジクールからメールが。メールには、基本的な送付先情報と保証書を添付してもらいたい旨。すぐに返信しました。

ロジクールからのメール

待つことわずか2日でマウスが到着

一連のやりとりをして2日後代替品のM705tが到着。ヤマト便で届きました。しっかり新品です。

ロジクールM705

なにもトラブルなく故障したマウスを新品に交換。ロジクールの対応に満足。これからもマラソンマウスM705を使い続けたいと思います。

スポンサードリンク