PowerPointで2ページ目を1にして番号を表示する方法

スライド番号
マイクロソフトのPowerPointは、全世界共通のプレゼンテーションソフト。業務で頻度高く利用されている方多いと思います。そんなPowerPointはプレゼンテーションの手持ち資料としてプリンとして出席者に配布することもしばしば。手元にあることでスクリーンから遠い人でも内容を確認でき有用です。資料を配布する際はページ番号を振ることがよくありますが、表紙にはページ番号を振りたくないというときも。PowerPointではそのようなことも可能です。今回は、PowerPointで2ページ目を1にしてページ番号をふる方法を紹介します。

スポンサードリンク

PowerPointで2ページ目を1にして番号を表示する方法

PowerPointで2ページ目を1にして番号を表示するには以下の流れをとります。少し面倒な部分はありますが、表紙にページ番号を入れたくない際はこちらを行わなければなりません。

デザインタブのスライドのサイズをクリック

まずはじめにPowerPointの上部のバーからデザインタブを選択し、その後、以下の赤枠になる「スライドのサイズ」をクリックします。

PowerPointのスライドサイズ

スライド開始番号を変更する

「スライドのサイズ」をクリックするとダイアログが表示されますので、以下の赤枠で囲われたスライド開始番号を「1」から「0」にします。

スライド開始番号の変更

挿入タブからスライド番号をクリック

PowerPointの挿入タブから以下赤枠の「スライド番号」をクリックします。

スライド番号をクリック

スライド番号にチェックを入れる

「スライド番号」をクリックした後に表示されるダイアログのうち、「スライド番号」と「タイトルスライドに表示しない」にチェックを入れ、「すべてに適用」をクリックします。

スライド番号を表示させる設定

以上で完了です。これを行うことで、PowerPointのタイトルスライドにはページ番号を入れず、2枚目を1とした状態のページ番号表示が可能になります。ぜひご利用ください。

スポンサードリンク