ロディア No.16 に似ているメモパッドはセブンイレブンにあった

セブンイレブンのメモパッド

ロディア(RHODIA)のメモパッドは一度使うとなかなか離れられない優れもの。5mmで続く方眼は描きやすく、なめらかな紙の質感は書くことへの喜びを与えてくれます。私も個人的にとても好きで、ロディアのNo.16は生活の必需品として使っています。ノート代わりにロディアにメモを取り、メモをとったものをスマートフォンのカメラで撮影、evernoteに保存しています。もちろんevernoteに最適化されたノートはありますが、ロディアから離れられません。この方眼が頭のなかを整理してくれるからです。

そんなロディアは少し値段が張る点がマイナス点。もう少し価格が安ければ思いきって使えるのですが、一冊No.16だと約600円。なかなかします。そこで、ロディアそっくりのメモパッドの併用を考え探していたところ、とても身近にありましたので紹介します。ロディア似のメモパッドはセブンイレブンで販売されています。

スポンサードリンク

ロディア No.16似 セブンイレブンのメモパッド

ロディアとの比較
ロディアNo.16にそっくりのメモパッドはセブン&アイから発売されています。価格は約400円でロディアの2/3。ノートやメモとしては値頃感はありませんが、ロディアと比較すると大分お手頃です。

ロディアとセブンアンドアイの比較

方眼

方眼はロディアの方が濃く方眼の存在感があります。セブン&アイはロディアに比べると薄めでナチュラルです。ロディアの線の濃さは賛否両論ありましたから、セブン&アイの方が好きなかたもいらっしゃると思います。
方眼の比較

書き味の滑らかさ

ロディアはさすがの書き味でとてもなめらかにペンを滑らすことができますが、セブン&アイの方は紙自体に特別感はなく普通のノートパッドと変わらない印象です。書き味の面ではロディアに歩があります。
書き味

横幅

横幅を比較すると、ロディアの方が横幅が広く全体的な紙の面積が広いことがわかります。横幅が必要な方は吟味が必要ですが、メモとして比較的ゆったりスペースを使っている方でしたら気にならないと思います。
横幅の比較

厚み

ロディアとセブン&アイのメモパッドは厚みもほぼ同じです。
厚み

ロディアそっくりのセブン&アイのメモパッド。方眼のメモパッドでロディアより安いものを探していたかたにおすすめです。ロディアより手頃ですから一回試しで使ってみる。そんな考え方もよいと思います。

スポンサードリンク