Chromeでタブ情報を一覧できる拡張機能TooManyTabs for Chrome

chrometab
ChromeはIEやFirefoxに比べて動作が軽く、拡張機能も多数あることで人気。Web制作に携わっている方は、開発者モードの使いやすさなどを理由にメインにされている方も多いはず。そんなChromeはとにかくタブが使いやすく、ついつい複数開きがち。いつのまにか数十個・・・なんていうことも多々。そうすると、画面にそれらのタイトルを表示することができなくなってもはやファビコンでしかサイトを確認できない状態になってしまいます。結果的に、一度見たページに戻るのが大変に。今回はそんなときに役立つ、タブ情報を一覧で表示する拡張機能「TooManyTabs」をご紹介します。

スポンサードリンク

Chromeでタブ情報を一覧できる拡張機能TooManyTabs

TooManyTabsはChromeの拡張機能。現在開いているChromeのタブをサムネイル式で一覧表示してくれます。サムネイルだからすぐにたどり着きたいページを見つけることができます。

toomanytabs

タブ一覧機能

TooManyTabsをインストールすると、ブラウザの右上にアイコンが表示されます。アイコンをクリックすると、現在開いているページにオーバーレイする形で現在開いているページの一覧が表示されます。この一覧から、表示したいページのサムネイルをクリックするとページに進むことができます。

・例:Googleの上にTooManyTabsを開いた状態
TooMany Tabs表示画面

・現在表示しているページがどこかも「You are here」と教えてくれます。
現在地も表示

TooManyTabsはソート機能も実装

TooManyTabsは開いていた名前順などでタブを並び替えすることができます。画面左上にあるソートボタンより並び替えが可能です。
TooManyTabの並び替え機能

並び替え項目は、以下の通りです。

・A-Z:アルファベット順
・.com:URL順
・時計:表示した時刻順

TooManyTabでchromeをより快適に

複数のタブを開いてのブラウジングが快適なのが、Chromeの特長。その特長をさらに拡張させるのがTooManyTabsです。ぜひChromeご利用の方はインストールしてみてください。

スポンサードリンク