ヨドバシで一眼カメラのセンサークリーニング

CMOS NEX-5R
デジタル一眼カメラは高精細な写真が撮れることで人気。ミラーレス一眼の台頭や価格が手頃になったことで多くの人が使用するようになりました。そんな一眼はメンテナンスが必須です。ボディやレンズの汚れ、センサーのホコリなど気にかけなけらばならないところは多々。今回はその1つでもあるセンサー(CCD、CMOSなど)の清掃についてです。CCD、CMOSなどのクリーニングはメーカー以外でも、ヨドバシカメラでやってもらえます。ここからは私のソニーNEX-5Rの清掃体験に基づくヨドバシカメラののサービス内容を紹介します。

スポンサードリンク

ヨドバシカメラでセンサークリーニング

CCDやCMOSなど、一眼カメラのセンサーはカメラの目に当たる大切な部分。汚れていると、写真に斑点が写ってしまったり影響が出ますので、レンズ交換などで汚してしまった際は清掃が必要です。ヨドバシカメラでは、大型店舗でセンサー清掃をやってくれます。ここでは、ヨドバシアキバの例で紹介します。

まず始めにバッテリー残量の確認を

センサー清掃にはバッテリーの残量が必要です。残量がわずかな場合でも、機種によってヨドバシで用意してもらえるようですが、代替バッテリーの手配に時間を要するため通常よ
り長く待たなければなりません。担当していただいた方に伺ったところ、バッテリー残量が50%以上ある状態が望ましいとのことでした。

受付は修理コーナーでセンサー清掃依頼を

一眼カメラのセンサー清掃は修理コーナーで受け付けてくれます。カメラ売り場とは異なる場所です。

ヨドバシカメラサービスコーナー

ここでセンサー清掃の旨を伝えると、所要時間などを案内してくれます。センサー清掃の価格は1030円です。所要時間と価格に了承の上、カメラを預けると、控えがもらえます。ここからは時間まで時間を潰して修理コーナーに戻ります。

戻ると、きれいになった証明として、before/afterの写真を見せてくれます。以下は私のCMOSクリーニングの際のものですが、だいぶ汚くなっていました。それがとてもきれいに。なにも付着していません。

清掃前の写真
CMOSセンサー清掃前

清掃後の写真
CMOSセンサー清掃後
あとは代金を支払って終了です。代金はポイントでも支払えるようです。

センサークリーニングに出すと、また沢山使ってやるぞ!っという気になってきます。センサークリーニング、気になったかたは、ぜひ利用してみてください。

スポンサードリンク