パワーポイントで音楽を挿入・流す方法

音楽
パワーポイントは誰もが利用するプレゼンテーションソフト。多くの人がパワーポイントを利用してプレゼンしたり資料を作成したりしています。今回はそんなパワーポイントの利用方法について。プレゼン中に音楽を流したいときに、音楽ファイルを挿入する方法を紹介します。音楽を挿入すれば、また今までとは違った印象的なプレゼンテーションを行うことができますよ。

スポンサードリンク

パワーポイントで音楽音楽ファイルを挿入・流す方法

パワーポイントを使ったプレゼン、写真のスライドショーでは、適切な音楽を流すことで効果を高めることができます。その方法は音楽ファイルをパワーポイントスライドに埋め込むというもの。プレゼンと音楽を一体化することができます。

音楽ファイルの挿入方法

まずは、「挿入」タブの中から、「オーディオ」をクリック。すると、「このコンピューター上のオーディオ」「オーディオの録音」という表示が出てきます。ここでは、ファイルを参照してオーディオを挿入するという想定で、「このコンピューター上のオーディオ」を選択します。

オーディオを挿入

音源ファイルを選択

挿入したい音源を選択して、「挿入」をクリックします。

挿入したい音源を選択

すると、作業画面に戻り、このようにオーディオが挿入された状態になります。

音楽が挿入されたスライド

このオーディオマークはスライドの外にも移動できます。

オーディオの再生方法について

挿入した音源は特別な設定をしなければ、「クリック」や「Enter」でスライドを切り替えたときに自動で再生されます。

音楽の開始タイミングなど設定を変更したい場合は、先ほどスライド上に表示されたオーディオマークをクリックします。

音楽

クリックすると、再生タブの「オーディオツール」が表示されるので、そこで調整をしていきます。

音楽の調整

音楽の開始タイミングを変更するのであれば「自動」「クリック時」の2つから選ぶことができます。

以上になります。ぜひ音楽を挿入したい際はこちらの手順で作業を進めてください。

スポンサードリンク