パワーポイントで音楽をトリミングして挿入し流す方法

音楽
パワーポイントは誰もが利用するプレゼンテーションソフト。多くの人がパワーポイントを利用してプレゼンしたり資料を作成したりしています。今回はそんなパワーポイントの利用方法について。プレゼン中に音楽を流したいときは音楽ファイルを挿入しますが、その音楽は、パワーポイント上で尺を合わせないと格好がつかないだけでなく、間延びしてしまったり、用意不足な印象を相手に与えてしまったりましす。今回はパワーポイントで音楽をトリミングして挿入、流す方法を紹介します。

スポンサードリンク

パワーポイントで音楽をトリミングして挿入し流す方法

パワーポイントを使ったプレゼン、写真のスライドショーでは、適切な音楽を流すことで効果を高めることができます。その方法は音楽ファイルをパワーポイントスライドに埋め込むというもの。そして、それらはしっかりとトリミング等を加え、編集されていなければなりません。今回は、プレゼンと音楽を一体化し、そのうえでトリミングをして挿入する方法を紹介します。

音楽ファイルの挿入方法

まずは、「挿入」タブの中から、「オーディオ」をクリック。すると、「このコンピューター上のオーディオ」「オーディオの録音」という表示が出てきます。ここでは、ファイルを参照してオーディオを挿入するという想定で、「このコンピューター上のオーディオ」を選択します。

オーディオを挿入

音源ファイルを選択

挿入したい音源を選択して、「挿入」をクリックします。

挿入したい音源を選択

すると、作業画面に戻り、このようにオーディオが挿入された状態になります。

音楽が挿入されたスライド

音楽ファイルをトリミングする

画面中のオーディオマークをクリックした状態で再生タブの中にある以下赤枠の「オーディオのトリミング」を選択します。

オーディオのトリミングを選択

オーディオをトリミング

「オーディオのトリミング」を選択後には、以下のウィンドウが表示されます。ウィンドウには、曲の開始のバー(黄緑のバー)と終わりのバー(終わりのバー)があるので、そのバーをドラッグしながら開始と終了の位置を設定します。再生ボタン「▶」などもあるので、その都度曲を聴いて確認しながら設定することができます。設定が終わったら「OK」をクリックして、トリミングは完了です。

ウィンドウ

以上になります。適宜パワーポイントの長さに合わせて調整いただければきっと効果的なプレゼンテーションができると思います。ぜひ音楽を挿入したい際はこちらの手順で作業を進めてください。

スポンサードリンク