パワーポイントでスライドを縦向きにする方法

縦向きに変更されたスライド
PowerPointはマイクロソフトが提供するプレゼンテーションソフト。PowerPointは多彩なテンプレートとアニメーションパターンを持ち、これらを駆使すれば印象的なプレゼンテーションが可能になります。そんなパワーポイントは通常横向きの4:3、もしくは16:9の縦横比で利用されますが、ときに縦向きに利用したい機会も出てきます。たとえばディスプレイが縦長だったり、印刷して資料として配布する際縦向きの方が都合が良かったり。そんなニーズにもパワーポイントはしっかり対応。パワーポイントのスライドのサイズを変更することができます。ここでは、パワーポイントでスライドを縦向きにする方法を紹介します。

スポンサードリンク

パワーポイントでスライドを縦向きにする方法

パワーポイントでスライドを縦向きにするのは簡単です。わずか数ステップ。以下の手順で実現することができます。

スライドのサイズを変更

まずはじめにパワーポイントのウィンドウ上部にあるバーのなかから「デザイン」を選択します。デザインタブの中にある赤枠の「スライドのサイズ」をクリックし、「ユーザー設定のスライドのサイズ」を選びます。

パワーポイントのスライドのサイズを選択

スライドを縦向きに選択

「ユーザー設定のスライドのサイズ」を選択すると、以下のダイアログが表示されます。ここでは、赤枠の「縦」を選択し、「OK」をクリックします。

縦を選択

縦向きにするオプションを選択

「OK」を押した後は、以下のダイアログが表示されます。横向きから縦向きにする際、コンテンツとスライドのサイズが合わなくなるためどのように調整するかを決めます。スムーズに縦横移行する場合はサイズに合わせて調整がおすすめです。ここではサイズに合わせて調整を選んで進みます。※好みに応じて最大化もお選びください。

サイズ変更の調整

サイズのオプションを選択後、スライドが縦向きになり表示されます。

縦向きに変更されたスライド

ぜひ用途に合わせてご利用ください。

スポンサードリンク