PowerPointで縦横比を変更する方法

PowerPointはマイクロソフト社のプレゼンテーションソフト。ビジネス必須のツールで多くの人が日々利用しています。そんなPowerPointはスライドの縦横比を変更することが可能です。企業によって16:9が好きなところと4:3が好きなところがあったり、そもそもプロジェクターが16:9をうまく映してくれない、なんてこともあります。そのため、プレゼンテーション資料はプレゼンテーションが行われる場、人に合わせて構成されなければなりません。今回は、そんな切り替え時に必要な操作、PowerPointで縦横比を変更する方法を紹介します。

スポンサードリンク

PowerPointでコピーライトを挿入する方法

PowerPointでスライドの縦横比を変更する方法は簡単です。わずか数ステップですので、ぜひ覚えてしまってください。今回は16:9から4:3にするのを例に進めます。

デザインタブから「スライドのサイズ」をクリックします。

16:9のプレゼンテーション

クリックするとサイズを選ぶことが可能です。「ワイド(16.9)」「標準(4:3)」いずれかを選んでください。以下の図はもともと16:9のスライドでしたので、「標準(4:3)」をクリックし、4:3のスライドにします。

16:9のプレゼンテーション

「標準(4:3)」を押すと以下のダイアログが出てきます。変更後のスライドに文字などを最適化するのであれば、「」を選んで進みます。

ダイアログ

PowerPointの縦横比が変更された状態になります。

4:3のプレゼンテーション

プレゼンテーションする相手によって縦横比を変更しなければならない場合、こちらが非常に便利です。ぜひご利用ください。

スポンサードリンク