格安SIMのかけ放題 IIJ mioのプランに乗り換えて大満足

IIJ今話題の格安SIM。docomoやau、ソフトバンクをご利用の方は、乗り換えたらどのくらいお得なのか、どうすれば格安SIMに乗り換えられるのか、どんなプランがあるのか?など、様々な側面で気になることが多いのではないでしょうか?

私もずっと同じ立場で約1年過ごしてきましたが、2016年11月にdocomoからIIJ mioにMNPしました。今回は、私が格安SIMに変えたきっかけや、格安SIMの中からIIJ mioを選んだ検討ポイント、使ってみた使い心地などを紹介していきたいと思います。

格安SIMにしようと考えた経緯

iPhone私が格安SIMに乗り換えようと検討したきっかけは、一番多くの人が格安SIMに乗り換えるタイミングであろう、docomoの2年契約の終了タイミング。2年契約を更新してしまうとまた解約料がかかるため、ここで格安SIMを検討しないと後悔すると思い、いろいろな格安SIMのプランなどを調べることにしました。

まさに格安なプランたち。一方で課題も

格安SIMを調べてみると、どの格安SIMのプランもdocomoから比べると、経済的にメリットが大きい、まさに格安のものばかりでした。ですが、気になっていたのは、通話料が別のプランばかりのこと。通話時間によっては、月額5,000円を超えて、月々サポートを込みにしたdocomoのプランとそこまで変化が出なそうなこともありそう、と思えました。

私は、プライベートの携帯を業務用の携帯のように使い、頻繁に関係会社と電話をします。
そんな電話の使い方をする私にとって、これまでと同じように、頻繁に通話ができることは重要な要素でした。このような条件を満たして、さらに3,500円程度に月額料金を抑えられる格安SIMのパッケージがあるのか?が格安SIMに変更する一番大きな基準になりました。

見つけたかけ放題のIIJ mio

IIJ mioほとんどの格安SIMのプランは、データ量と速度、30秒あたりの通話料でプラン料金が設定されています。通話すれば通話するだけ月々の請求金額が増える仕組みを採用しています。

そんななか、私の目に留まったのはIIJ mio。5分までなら何回でもかけ放題というかけ放題オプションがあり、月額料金1,520円+音声通話700円+通話オプション830円の計3,050円で利用ができます。

通話が5分以上になった場合、20円/30秒の通話料が発生しますが、私の場合業務上の連絡が多く、1回の通話はほぼ5分かかりません。

これなら、3,500円程度に月額料金が収まりそうと思い、IIJ mioにdocomoからのMNPすることに決めました。

IIJ mioに乗り換えた感想

iPhone

Webサイトの閲覧は快適

IIJ mioに乗り換えてびっくりしたのは、Webサイトの閲覧に関して体感的にdocomoとそう変わりないこと。これは他社と比較などをしていないため相対評価はできませんが、まったくもって快適です。毎月6GBをほぼほぼWeb閲覧に使う僕でも気になりません。

通話の仕方は注意が必要

IIJ mioの5分間通話かけ放題オプションは、IIJ mioの「みおふぉんダイアル」を利用した際に5分間無料になるというもの。みおふぉんダイアルで通話するには、「みおダイアル」のアプリを利用する必要があります。

他社も基本的に同じような方式をとっていたりするので、IIJ mioに限った話ではありませんが、電話の着信は「みおふぉんダイアル」に残らず通常の通話アプリに残るため、誤って履歴から発信するとたとえその通話が5分以内だったとしても通話料が取られてしまいます。この点は気をつけなければなりません。

総合的に大満足

格安SIM、具体的にはIIJ mioに乗り換えて1ヶ月ですが、電話をかける時にみおふぉんダイヤルを使うこと以外は、docomoからIIJ mioに変えたという意識がなくなるほど、これまでのキャリアと変わらず快適に利用できています。

MNPすることで圧縮できるコストを考えたら私は圧倒的に格安SIM。音声通話付きならかけ放題プランのあるIIJ mioをおすすめします。

「なんでこれまで踏み切れなかったんだろう・・・」2年契約満期のタイミングに変えられてよかったと思っています。この記事を読まれている皆さんも、もしちょうど2年契約が切れるタイミングでしたら格安SIMについて調べて見てください。きっとご自身にあった、乗り換えに適したプランがあると思います。

スポンサードリンク