VAIO Pro13/S13にELECOMの覗き見防止プライバシーフィルターEF-PFS133W2

Vaio Pro外出先でビジネス用途でPCを利用する人にとって、プライバシーフィルターは必須のアイテム。新幹線、カフェ、色々な場所で作業するにあたっては、作業内容が周りに分からないよう配慮が必要で、PC画面は覗かれないようにしなければなりません。

今回、私もPCをVAIO Pro13 mk2に変えるにあたり、プライバシーフィルターを検討、購入しましたのでご紹介したいと思います。なかなかプライバシーフィルターに関する情報って少ないですから、お役に立てると嬉しいです。

スポンサードリンク

検討の候補だったプライバシーフィルター

VAIO社製の純正プライバシーフィルターが無い中、購入候補は以下の2つ。どちらもヨドバシカメラやAmazonで販売している定番のプライバシーフィルターです。数日間どちらにすべきなのか悩みましたが、サイズも変わりませんし、最終的に値段の安いELECOMのプライバシーフィルター(EF-PFS133W2)に決定しました。

ELECOMのプライバシーフィルターEF-PFS133W2

ELECOMのプライバシーフィルターEF-PFS133W2は、16:9の13.3型ワイド画面の液晶に対応するプライバシーフィルター。サイズは幅294mm×高さ165.5mm。VAIO Pro13 mk2の画面を定規で測ったときには、幅297mm×高さ167.5mmだったため、幅が若干足りないことは承知の上で購入しました。

パッケージ

パッケージは以下の写真の通りで、プライバシーフィルターコーナーに行けば、おそらく真っ先に目に入るプライバシーフィルターはこれじゃないかなと思います。ヨドバシAkibaでは、このプライバシーフィルターが一番いい場所に陳列されていました。値段もちょうどいいし、売れてるんでしょうね。

s-DSC03888

内容物

商品の中身は以下の通り。プライバシーフィルターと、それを取り付けるためのシールとツメが同梱されています。

内容物

サイズは若干小さめ

サイズについては、数mm横幅、縦幅共にが足りないことを承知の上で購入しましたが、どの程度「ぴったり」から違うかというと、下の画像の通り。液晶画面左下にプライバシーフィルターをしっかり合わせた時の液晶画面右上を写したものです。数mmですが、気になる人には気になるレベル。一方で、13.3型ワイドのプライバシーフィルターはこのサイズ感なので、割り切るしかないところでもあります。あとは、付けるエリアを工夫して、自分が気にならないエリアを見つけるしかありません。

使い方は3種類。私は貼り付けを選択しました。

エレコムのEF-PFS133W2は「貼り付けるか」「ツメを使って差し込むか」「四隅をシールで留めるか」の3つの使用方法がありますが、私は余り外すことがないことを鑑み、プライバシーフィルターを液晶画面に貼り付ける方法で装着することにしました。貼り付ける場合は、プライバシーフィルターの裏側の保護シートをはがした上で接着シールを貼り、モニターにくっつけます。

シールをプライバシーフィルターに貼る

シールは以下のように右と左、双方に二つづつ貼ります。両面テープのように両面が接着面になっているので、装着するときに、シールを剥がして取り付けます。取り付けるときは、埃に気をつけてください。

シールを張ったプライバシーフィルター

PCに貼り付け

埃に気を付けながらPCに貼り付けします。

PCに貼り付け

表面の保護シートを剥がす

装着後は表面の保護シートをはがして装着完了です。

シールをはがす

装着後の佇まい

装着後の外観は以下のような感じです。私はフィルターを画面の一番上に合わせ、横をほぼ均等に隙間を開ける形で装着しました。結果的に、液晶画面の下がそこそこ空いているように見えますが、上に隙間があるより良いと思ったのと、液晶画面下はタスクバーしか並ばないので重要度も低いためそう判断しました。

貼り付け後

プライバシーフィルターの遮断率は概ね満足

実際のプライバシーフィルターの遮断率ですが、横から見ようとしても、なかなか見えず良好。しっかり機能を果たしてくれているように思います。メーカーが純正でプライバシーフィルターを作っていたころは一枚10,000円くらいしましたから、その1/3でこのクオリティを享受できるなんて嬉しい限りです。エレコムさん、ありがとうございます。

ご参考になれば幸いです。

スポンサードリンク