Spotify(スポティファイ)無料のフリープランの制限

iPhoneSpotifyはスウェーデン発の音楽配信サービス。これまでの音楽配信サービスと異なり、無料のフリープランがあることが特徴で、LINE MUSICやApple Musicを利用していた方も注目しています。

今回はそんなSpotifyについて、無料プランで制限されることと、制限時のSpotifyの振る舞いについて説明します。

スポンサードリンク

Spotifyの無料のフリープランの制限とは?

Spotify(スポティファイ)の無料のフリープランの制限は以下の通り。それぞれ、実際に制限を超えた使い方はできないのか試してみて、その結果もご紹介しています。

楽曲の指定が不可

Spotifyのフリープランはシャッフル再生のみ可能で、特定の楽曲の指定ができません。

トラックリストに出ている楽曲名をクリックしても、楽曲は再生されないまま。画面上部の「シャッフルプレイ」ボタンがタップに合わせて大きくなって「フリープランはシャッフルのみだよ!」と教えてくれます。

ボタンが大きくなる

スキップ回数の制限

Spotifyのフリープランはシャッフル再生のみ対応していますが、このシャッフル再生でも、楽曲をスキップすることができます。このスキップ機能には制限があり、1時間に6回までです。それ以降になると、スキップできずに「SpotifyのPremiumはどう?」という表示が現れます。

スキップを試そうとすると表示

オフライン再生の不可

Spotifyは他のストリーミングサービスと同様、オフライン再生機能を持っています。ですがこのオフライン再生機能はフリープランでは使えません。オフライン再生機能を使おうとすると、「SpotifyのPremiumはどう?」という表示が現れます。

ダウンロードを試すと表示

制限があると、気持ち的に↓

Spotifyのフリープランのように、有料プランで利用できるアイテムまで無料プランで表示しておいて、使おうとすると使えない、というのはちょっと気持ち的に↓。

この無料のフリープランの中でがっかりして、有料に申し込もうと思われた方は有料のプレミアムプランに入っても良いかと思います。

何よりも、オフライン再生がついていないのがわたし的には無料プランのきついところ。しっかり利用していくなら、データ通信量を気にせず使えるプレミアムがいいですね。

Amazonのタイムセールもチェック

Amazonでは毎日お得なタイムセールを行っています。ノートPCを利用していくうえで必須のUSBケーブル類やiPhoneと接続するためのLightningケーブルなど。できれば安く済ませたい「あれこれ」を揃えるなら、Amazonのタイムセールは購入の場として、なかなかいい選択肢だと思います。

Amazonタイムセール
スポンサードリンク