Windows8.1で画面の明るさ自動調整機能をオフにする方法

Windows8.1

最近のパソコンには、パソコンの使用環境を感知して、ディスプレイの明るさを調節する機能がついています。ブラインドの開け閉め、照明のオンオフなども細かく感知。目に優しく、消費電力も抑えられるため重宝する機能ですが、思わぬシチュエーションで画面が暗くなったままで見にくい状態になることもしばしば。たとえば、明るい場所で暗いディスプレイ。とても作業しずらいです。このようなシチュエーションに多く遭遇する方は、自動明るさ調整をオフにすることをおすすめします。今回はWindows8.1でディスプレイの明るさを自動調整しないようにする設定方法を紹介します。

スポンサードリンク

Windows8.1で画面の明るさ自動調整機能をオフにする方法

Windows8.1でディスプレイの輝度を自動調節オフにする方法はとても簡単です。わずか数ステップで作業を完了することができます。

明るさの自動調整機能のオンオフを切り替え画面を表示

Windows8.1の検索ボックスに「明るさ」と入力します。入力すると、検索結果に「明るさの自動調整のオンとオフを切り替える」と表示されますのでクリックして設定画面に進みます。
明るさの自動調整のオンとオフを切り替える画面に進む

明るさの自動調整をオフにする

切り替え画面に進むと、一番上に「明るさ」の項目があります。ここで、画面の明るさを自動調整のオンオフが可能です。オフにして完了です。
画面の明るさを自動的に調整する

改めて画面の明るさを自動調節に戻す場合も同様の流れでOKです。とても簡単な設定ですのでぜひご利用ください。

スポンサードリンク