Windowsでブルーライトを低減して目を保護できるフリーソフトf.lux

vaio仕事はデスクワーク、プライベートはブログで何かとスクリーンを見ることが多い私。目に疲れを感じることも多く、ブルーライト対策をしたレンズを使った眼鏡やブルーライトカットフィルターなどを利用しながら、対策を打っています。

さて、今日はそんなブルーライト低減策について。

ブルーライトカットはフィルムやフィルター、眼鏡をする他にも、画面自体の設定をすることで低減することができることをご存知でしょうか?Windowsに限らず、さまざまなOS、スマホなどでも画面の色温度を調整してブルーライトを提言してくれるソフト・アプリが出てきています。

ここでは、Windows向けのブルーライト低減ソフトを紹介いたします。

スポンサードリンク

Windowsでブルーライトを低減して目を保護できるフリーソフトf.lux

Widows対応のブルーライトを低減してくれるフリーソフトのf.lux。時間帯によって色温度を調整して、見やすさを考慮しつつ目を保護できるソフトウェアです。ブルーライトを低減するにあたり、画面は黄色く見えてきますがその黄色さは画面を見ているうちに慣れてきますので「まずは目に優しい画面を優先!」ということで導入してみるとよいと思います。ここからはf.luxの使い方をご紹介していきます。

f.lux公式サイトに進む

ダウンロードはソフトウェアを開発している提供元サイトから行います。ですので、まずはじめに「f.lux」の公式サイトに進みます。

f.lux公式サイトへ

f.luxをダウンロードする

f.luxをダウンロードします。以下の青ボタンよりダウンロードを行ってください。

flux

実行ファイルを実行する

「flux-setup.exe」という名のダウンロードされたファイルをダブルクリックして実行します。

手順に沿って進む

ウィンドウが立ち上がり、規約が表示されますので「I Agree」を押下します。

ウィンドウ

インストール完了

インストールの完了です。

f.luxの操作方法

f.luxはご自身の好みのようにディスプレイの色温度を変えることができます。

設定を開く

f.luxの設定画面を開きます。以下の「Setting」を押してください。

Settingを選ぶ

色温度を調節する

上段が日中、下段が夜間でそれぞれ色温度を調節できます。線上の○を動かすこととで色温度に変化が出ます。左に行けば左に行くほど、オレンジに近い暖色になります。

色温度の変更

ロケーションを設定する

ロケーションの設定に進む

日中、夜間の判断はロケーションの設定から行います。以下の「Change」を押します。

設定に進む

位置を入力する

利用する地域の情報を入力します。この辺りは大体で良い部分なので「Tokyo」と入力し「Search」を押します。
位置を入力

設定を完了させる

「OK」を押して完了です。

flux9

以上になります。

ここまで画像を交えて説明してきましたが、実際の運用はそこまで大変ではありません。画面に向かう時間が長い方、目の疲れが気になる方はご検討になっても良いかもしれません。

参考になれば幸いです。

スポンサードリンク