Windowsで読み取り専用ファイルを上書き保存する方法

読み取り専用エラー
Windowsはビジネスユースも含めてまだまだ主流。昔から慣れ親しんだインターフェースは使いやすく、業務など効率を重視するシーンでは「これしかない」と言えるOSだと思います。今回はそんなWindowsを利用について。メールに添付されてきたワードやエクセルのファイルを編集して、上書き保存をしようとしたときに「ファイルは読み取り専用です」という表示がでて保存できなかったことありませんか?これは送信してきた相手が当該ファイルを「読み取り専用」にして、内容が変更されたりしないようにしていることを示します。ですが、編集したい時は編集したいもの。こうしたファイルを上書き保存できるようにするための、「読み取り専用」の設定を解除する方法をみてきたいと思います。

スポンサードリンク

読み取り専用ファイルを上書き保存できるようにする方法

Windowsで読み取り専用ファイルを上書き保存できるようにする方法はかんたんです。以下の手順に沿って進めば読み取り専用を解除することができます。

プロパティを開く

まず、デスクトップやフォルダに保存されたファイルを右クリックし、「プロパティ」を開きます。
右クリックでプロパティを選択

読み取り専用を解除

プロパティの一番下の「属性」のところの「読み取り専用(R)」 のところにチェックマークが入っているので、そのチェックマークをはずし、「OK」をクリック。これで、読み取り専用の設定を解除することができます。
読み取り専用を解除

スポンサードリンク