デスクトップ機能を改善 Windows8.1をアップデートする方法

Windows8.1update
2013年10月にリリースされたWindows8.1。2014年4月9日にWindows8.1 Updaateの提供が始まりました。サンフランシスコで行われた、マイクロソフトの開発者向けカンファレンスで発表されたスタートメニューの復活はこの時点ではなく、比較的細かい地味なアップデートではあるものの、使い勝手が向上するアップデートになっています。主な変更点は以下の通りです。

・スタート画面やストアアプリを利用中もタスクバーを利用可能に
・アプリストアにタイトルバー、閉じるボタンが追加
・マウスによる操作性の改善
・Internet ExplorerにIE8互換機能のエンタープライズモードが追加

今回のアップデートは、自動アップデートの対象ではなく、手動でアップデートが必要です。ここではアップデートの流れを紹介します。

スポンサードリンク

デスクトップ機能を改善 Windows8.1をアップデートする方法

Windows8.1のアップデートは簡単です。windows8のUIに慣れていれば問題ありません。

コントロールパネルを開く

コントロールパネル
Windows8.1はWindows7のようにスタートメニューがないため、右端のメニューを表示させてコントロールパネルに移ります。

Windows Updateを開く

システムとセキュリティ
コントロールパネルのシステムとセキュリティに進みます。

WindowsUpdate
Windows Updateに進みます。

更新プログラムをインストール

インストール
はじめは887.6MBのアップデートプログラムに対し、チェックボックスが空のまま表示されています。このチェックボックスにチェックを入れて、インストールボタンを押下します。

ダウンロード中
ダウンロードが開始されます。

reboost
ダウンロードが終了すると再起動を要求されますので、再起動してください。