Windows10でアプリを削除・アンインストールする方法

Windows10スタートメニュー
2015年7月29日にリリースされ多くの人たちに利用されているWindows10。ビジネス向けにもプライベート向けにも使えるユーザーインターフェースで使い心地がとてもGood。Windows8の段階では圧倒的にMac派だった私ですが、Windows10になってからはWindowsを身近に感じるようになり、使用頻度が増えたように思います。

そんなWindows10にははじめから色々なアプリが入っています。たとえば「フード&レシピ」「ヘルスケア」「Xbox」など。これらは使う人には便利なアプリですが、使わない身にとっては意味がないもの。ここではこれらのアプリをアンインストールする方法を紹介します。

スポンサードリンク

Windows10でアプリをアンインストールする方法

Windows10でいらないアプリをアンインストールする方法はかんたんです。設定画面から数ステップで完了することができます。

設定を開く

まずはじめに、Windows10のスタートメニューより設定画面を開きます。赤枠の「設定」をクリックしてください。

スタートメニューで設定を開く

システムを開く

設定画面では、左上のシステムアイコンをクリックして、システム設定画面を表示します。

設定画面でシステムを開く

アプリと機能を開く

システム設定画面では、左に「アプリと機能」という項目があります。ここをクリックしてください。

アプリと機能を選択

不要なアプリを選ぶ

アプリと機能をクリックすると以下のような画面が表示されます。ウィンドウ右側にアプリが一覧で表示されますので削除したいアプリを選びます。右側のウィンドウは下にスクロールが可能です。

アプリと機能

不要なアプリを削除

不要なアプリを選んだら不要なアプリのエリアを左クリックします。クリックすると以下のように選択肢が表示されますので「アンインストール」を押します。

不要なアプリを削除

確認ダイアログが出ますが、こちらも確認後「アンインストール」を押します。

アンインストールを押す

以上の作業でアプリの削除が完了です。不要なアプリはそのままにしておくとアイコンとして表示され続け、実際に必要なアプリを探すのの邪魔になりますから削除してしまうことをお勧めします。ぜひご利用ください。

Windows10の使い方・アップグレード方法まとめ

2015.08.04

Amazonのタイムセールもチェック

Amazonでは毎日お得なタイムセールを行っています。ノートPCを利用していくうえで必須のUSBケーブル類やiPhoneと接続するためのLightningケーブルなど。できれば安く済ませたい「あれこれ」を揃えるなら、Amazonのタイムセールは購入の場として、なかなかいい選択肢だと思います。

スポンサードリンク