Windows10で既定のブラウザをChromeにする方法

Chrome
Windows10はマイクロソフトが自信をもって提供する基本OS。いままでのOSで培ってきた経験を生かし、便利なもの、使いやすいものを生かし、不便、使いにくかったものを改善。結果としてとてもユーザー本位のOSになりました。実際私もWindows10になって、使いやすさを感じていますし、WindowsがMacのように身近になった印象を受けています。

そんなWindows10。初期設定では既定のブラウザがMicrosoft Edgeになっています。普段利用しているブラウザと異なる場合は設定の変更が必要です。今回はWindows10でChromeに既定のブラウザを変更する方法を紹介します。

スポンサードリンク

Windows10で既定のブラウザをChromeにする方法

Windows10で既定のブラウザをChromeにする方法はかんたんです。設定画面から数ステップで変更することができます。以下の手順に沿って既定のブラウザを変更してください。

設定を開く

まずはじめにスタートメニューのより設定画面を開きます。赤枠の「設定」をクリックし進んでください。

スタートメニューで設定を開く

システムを開く

スタートメニューから設定画面を開いたら、左上のシステムアイコンをクリックして、システム設定画面を表示します。

設定画面でシステムを開く

既定のアプリの設定を開く

システム設定画面では、左に「既定のアプリ」という項目があります。ここをクリックしてください。

既定のアプリをクリック

既定のWebブラウザーを変更する

既定のアプリ画面の右側エリアをスクロールして下に進むと「Webブラウザー」という項目があります。ここのMicrosoft Edgeとなっている項目をクリックします。

Microsoft Edgeをクリック

クリック後はインストール済みのブラウザが表示されますので「Google Chrome」を選択します。

Chrome

以上で既定のブラウザがMicrosoft EdgeからChromeに変更になりました。

Windows10にOSをアップグレードした際に既定のブラウザが変更されてしまったとしても、Microsoft Edgeを利用する必要はありません。Chromeに慣れていらっしゃるのであればChromeに既定のブラウザを変えてPCをお使いになることをお勧めします。慣れているブラウザの方がきっと作業効率も良いはずです。

Windows10の使い方・アップグレード方法まとめ

2015.08.04
スポンサードリンク