Windows10で既定のブラウザをFirefoxにする方法

Firefox
マイクロソフトの最新OSであるWindows10。Windows8の反省を活かした使いやすいユーザーインターフェース、デザインが魅力です。実際に多くの人からポジティブな評価を受けています。

私も個人的にWindows10のインターフェースデザインがとても好きで、以前よりもWindowsが身近になった印象を受けています。

そんなWindows10ですが、既定のブラウザがMicrosoft Edgeになっています。いつも利用していたブラウザと異なる場合は既定の変更が必要です。今回はWindows10でFirefoxに既定のブラウザを変更する方法を紹介します。

スポンサードリンク

Windows10で既定のブラウザをFirefoxにする方法

Windows10で既定のブラウザをFirefoxにする方法はかんたんです。設定画面から数ステップで変更することができます。以下の手順に沿ってお進みください。

設定を開く

まずはじめにスタートメニューの以下赤枠より設定画面を開きます。

スタートメニューで設定を開く

システムを開く

設定画面を開いたら、左上のシステムアイコンをクリックしてシステム設定画面に移動します。

設定画面でシステムを開く

既定のアプリの設定を開く

システム設定画面では、左の列に「既定のアプリ」という項目があります。ここをクリックしてください。

既定のアプリをクリック

既定のWebブラウザーを変更する

既定のアプリ画面の右側エリアを軽く下に進むと「Webブラウザー」という項目があります。ここのMicrosoft Edgeとなっている項目をクリックします。

Microsoft Edgeをクリック

クリック後はインストール済みのブラウザが表示されますのでFirefoxを選択します。

Firefoxを選択

以上で既定のブラウザがMicrosoft EdgeからFirefoxに変更になりました。

いままで利用していたブラウザをWindows10になったからといってわざわざ変える必要はありませんので、使い慣れたものに変更して自分なりのWindows10に仕立ててください。

Windows10の使い方・アップグレード方法まとめ

2015.08.04
スポンサードリンク