Windows10でパスワード付きでファイルを圧縮する方法

圧縮フォルダWindows10はマイクロソフト社の基本OS。使い勝手のいい操作性とデザインが魅力で人気。多くの人から支持を得ています。

今回はそんなWindows10の使い方について。Windows10でファイルをパスワード付きで圧縮する方法を紹介いたします。ビジネスでの文書のやり取りは、機密な情報が含まれることも多々。そんなときは圧縮ファイルにパスワードをかけて、ファイルとパスワードを別々のメールで送るなど対応が求められます。ぜひ以下の内容を参考にしてパスワード付きの圧縮ファイルを作成してビジネスにご活用ください。

スポンサードリンク

Windows10でパスワード付きでファイルを圧縮する方法

Windows10でファイルをパスワード付きで圧縮する方法はかんたんです。メジャーなフリーソフトを利用することで、簡単にパスワードをかけることができます。

Lhaplusをインストール

Lhaplusを公式サイトに進む

まずはじめに、Lhaplusというフリーのソフトをインストールします。Lhaplusは20種類以上の圧縮形式に対応した圧縮・解凍ソフトです。

窓の杜 Lhaplusの詳細ページへ

Lhaplusをダウンロードする

窓の杜ののLhaplus詳細ページの以下赤枠のボタンを押してLhaplusをダウンロードします。

窓の杜

圧縮する

右クリックすると、選択肢が出てきますので「送る」を選び「圧縮(Zip形式)フォルダ」を選択します。

圧縮する

圧縮ファイルが生成される

圧縮フォルダが生成されます。

圧縮フォルダ

以上になります。とてもシンプルな作業ですが、これをやることでファイルの大きさを小さくできますので何かと便利です。ぜひご利用ください。

Windows10の使い方・アップグレード方法まとめ

2015.08.04
スポンサードリンク