Windows10で拡張子を表示しない方法

拡張子なしの表示
Windows10はインターネットの巨人「Microsoft」が自信をもって提供する基本OS。いままでのOS開発で培ってきた経験から「便利なもの、使いやすいものを残し」「使いにくかったものを改善」。最終的にユーザー本位の素晴らしいOSになりました。実際私もWindows10については、使いやすさを感じていますし、Windowsが身近になった印象を受けています。今回はそんなWindows10の操作について。ファイル名の最後につく「.jpg」や「.xslx」「.pptx」などの拡張子を表示すしない方法を今回は紹介します。よりシンプルに画面を表示したい人におすすめです。

スポンサードリンク

Windows10で拡張子を表示しない方法

Windows10で拡張子を表示しない方法はかんたんです。コントロールパネルから進んで数ステップで設定することができます。

コントロールパネルを開く

まずはじめにコントロールパネルを開きます。デスクトップの左下にあるWindowsマークを右クリックしてからコントロールパネルに進んでください。

コントロールパネルを選択

デスクトップのカスタマイズに進む

以下赤枠の「デスクトップのカスタマイズ」をクリックします。

コントロールパネル

エクスプローラーオプションに進む

エクスプローラーのオプションの「全てのファイルとフォルダーの表示」をクリックします。
すべてのファイルとフォルダーの表示をクリック

拡張子を表示する設定にする

「登録されている拡張子は表示しない」のチェックボックスをオンにして「OK」をクリックします。

拡張子を表示しない設定

以上で完了です。拡張子がこれで表示されないようになります。ぜひご利用ください。

Windows10の使い方・アップグレード方法まとめ

2015.08.04
スポンサードリンク