Windows10のメールアプリでファイルを添付する方法

添付ファイルWindows10はマイクロソフトが提供する人気の基本OS。Windows7やwinodws8から乗り換えた方、新たにPCを買われた方など、使い始めた経緯はさまざまであるものの、使っている人の話を聞くと、皆さん概ね満足。私自身もWindows10には満足しています。

さて、今回はそんなWindows10の標準アプリである「メール」の使い方について。メール作成時にファイルを添付する方法を紹介します。

スポンサードリンク

Windows10のメールアプリでファイルを添付する方法

Windows10のメールアプリでファイルを添付する方法はかんたん。以下の手順で添付することができます。慣れてしまえば次からは感覚的に行えるので、まずは以下の内容を見ながら試してください。

挿入をクリック

まずはじめに、メール作成ウィンドウで「挿入」をクリックします。

挿入

ファイルの添付をクリック

ファイルや表、画像など、挿入するものの選択肢が出てきますので「ファイルの添付」をクリックします。

ファイルを添付

ファイルを選択する

添付するファイルを選び「開く」を押します。

添付するファイルを選ぶ

ファイルが添付される

ファイルが添付されました。

ファイルが添付される

以上になります。メールをやり取りするうえで必ず使う機能になると思いますので、ぜひ覚えてしまってください。

Windows10の使い方・アップグレード方法まとめ

2015.08.04
スポンサードリンク