Windows10でファイルを開かずに中身を確認する方法

鉛筆Windows10はマイクロソフトが提供する基本OS。デザイン性も以前に比べて向上し、とても親しみやすくて使いやすいものになっています。

今回はそんなWindows10の使い方のTipsをひとつ。

Windowsを使って作った書類やダウンロードしたファイルは、それぞれフォルダーに格納して整理していきますが、保存して一定期間たったあと「いざ探してみよう!」と思うと、名前がうまく整理していなかったりして、ファイル名だけでは中身が分からなくなっているもの。ひとつひとつファイルを開いていくと、探していたファイルを見つけるまでにだいぶ時間がかかってしまいます。

今回はそんなシチュエーションに向けて、Windows10で簡単にファイルの内容を確認する方法を紹介します。

スポンサードリンク

Windows10でファイルを開かずに中身を確認する方法

Windows10でファイルを開かずに中身を確認する方法はかんたんです。これを使えばかなり時間短縮になりますので、ぜひ一度試してみてください。

プレビューウィンドウを開く

まずはじめにエクスプローラーを開き、ウィンドウ中のタブ「表示」をクリックし、「プレビューウィンドウ」をクリック。これによって、ウィンドウの表示の仕方が変わります。

エクスプローラー

中身を確認したいファイルをクリック

中身を確認したいファイルをクリック。

エクスプローラー

ファイルの中身が表示される

アプリケーションを起動させないままで右側のプレビューウィンドウにファイルの中身が表示されます。

エクスプローラー

とてもシンプルなこのプロセスで、いちいち毎回ファイルを開かずに中身を確認できます。

エクセルやパワーポイントにも使える

今回ご紹介したこのシンプルな方法は、エクセルファイルやワード、パワーポイント、写真などの画像ファイルまでプレビューで見ることができます。ファイル名だけで中身が判断できないファイルなどがいくつもあるときなどにぜひ利用してみてください。

Windows10の使い方・アップグレード方法まとめ

2015.08.04
スポンサードリンク