Windows10でファイルやフォルダを削除する方法

ゴミ箱とファイルWindows10はマイクロソフトの人気OS。使い勝手とデザインを両立したインターフェースが人気で多くの人から支持を得ています。

今回はそんなWindows10の使い方について。ファイルやフォルダを削除する方法を紹介します。

PCを使っているとフォルダやファイルを乱雑に扱いがち。気づいたらデスクトップ一面がフォルダやファイルで埋め尽くされていた、なんてことも良く聞きます。もちろん使い方は人それぞれですが、整理されていた方が効率的なのは間違いありません。

今回はそんな整理の基本でもあるファイルやフォルダを削除する方法を紹介します。

スポンサードリンク

Windows10でファイルやフォルダを削除する方法

Windows10でファイルやフォルダを削除する方法は大きく二つあります。いずれも慣れてしまえば感覚的に行えるので、まずは以下の内容を見ながら試してください。具体的は方法は以下になります。

・ファイルやフォルダをゴミ箱に移動
・削除したいファイルを選択して「Delete」を押す

それぞれ画像を用いて解説していきます。

ファイルやフォルダをゴミ箱に移動

ファイルをドラッグ&ドロップしてゴミ箱に移動します。

ファイルを移動

削除したいファイルを選択して「Delete」を押す

削除したいファイルを選択して「Delete」を押します。押すと、以下の表示が出ますので、「はい」を選択します。

削除

これまでの作業で、ファイルやフォルダをゴミ箱に移動できます。

PCから完全に削除するにはゴミ箱を空に

PCからいらないファイルを完全に削除する場合は、ゴミ箱に入れたファイルを一掃します。ゴミ箱の上で右クリックして「ゴミ箱を空にする」を選択すれば、PCから完全にファイルを削除することができます。

ゴミ箱を空にする

以上になります。ファイルやフォルダは必要がなくなったら即時にゴミ箱に入れてしまうのが効率アップの鍵。そのままデスクトップに放置する癖をなくして、効率化を図っていきましょう。

Windows10の使い方・アップグレード方法まとめ

2015.08.04
スポンサードリンク