Windows10のメールアプリでフラグを付ける方法

フラグWindows10はマイクロソフト社の基本OS。使い勝手のいい操作性とデザインが魅力で人気。多くの人から支持を得ています。

今回はWindows10の基本アプリである「メール」の使い方についてご紹介。メールアプリでメールにフラグを付ける方法を説明いたします。フラグ機能は手軽に重要なメールなどに目印を付けられるので便利。来ているメールを流し読みしながら重要なメールにフラグを付ける。メールのチェックが終わったらフラグを付けたものを見直す、などの使い方が効率よくメールを処理するのに役立ちます。

以下で具体的な方法について記していきます。

スポンサードリンク

Windows10のメールアプリでフラグを付ける方法

Windows10のメールアプリでフラグを付ける方法はかんたん。以下の手順でフラグをつけることができます。慣れてしまえば次からは感覚的に行えるので、まずは以下の内容を見ながら試してください。

フラグを付けたいメールにカーソルを合わせる

まずはじめに、フラグを付けたいメールにマウスのカーソルを合わせます。

マウスオンする

フラグマークをクリック

フラグマークをクリックします。

フラグマークをクリック

フラグが付く

フラグマークが赤くなり、フラグが付きます。

フラグ付き

個別のメールが面からも

個別の閲覧しているメールが面からもフラグを付けることは可能です。以下の赤枠に「フラグの設定」と書かれたエリアがありますのでこちらをクリックしてください。

フラグの設定

非常にシンプルな検索機能ですが、とても便利。ぜひご利用になって、効率を上げていってください。

Windows10の使い方・アップグレード方法まとめ

2015.08.04
スポンサードリンク