Windows10でファイルの保存場所を指定する方法

ExcelWindows10は、マイクロソフト社の基本OS。企業や家庭で広く利用され、ある種私たちの生活インフラのような存在になっています。

さて、今回はそんなWindows10の使い方について。

Windows10でExcelやWordのファイルを保存するとき、初期段階ではコンピュータがOne Driveの「ドキュメント」を保存場所として指定していますが、それ以外の場所にももちろん保存することができます。

ここではファイルの保存場所を指定する方法を紹介いたします。

スポンサードリンク

Windows10でファイルの保存場所を指定する方法

Windows10でファイルの保存場所を指定する方法はかんたんです。以下の手順で設定することができます。慣れてしまえば次からは感覚的に行えるので、まずは以下の内容を見ながら試してください。

各プログラムで保存のプロセスに入る

利用しているプログラムで、ファイル保存のプロセスに入ります。以下はExcelの例になります。

ファイルの保存

フォルダの保存場所を指定する

保存場所を決めるウィンドウが表示されます。ここで保存場所を指定できます。保存場所は、ウィンドウ上部のアドレスバーか、左部のナビゲーションから可能です。ここでは、左部のナビゲーションを利用した方法を紹介していきます。

保存ウィンドウ

ナビゲーションから場所を選ぶ

ファイルを「デスクトップ」に保存するかであったり「PC上のフォルダ」に保存するだったり、好みの保存場所を選択していきます。例えば外付けハードディスクの任意の場所に入れようとした場合は、「PC」をクリックした後に「ボリューム」フォルダ、そして指定のフォルダを選んでいきます。

フォルダを指定

ファイルを保存

保存したい場所を選んだら「保存」をクリックします。

保存

以上になります。ファイルの保存は自分の管理しやすい場所に置くのが一番。自分なりの管理ルールを作っておくととても便利であとあと情報を引き出す時に便利ですので、ぜひファイルはWindows任せにせず、ご自身で保存場所を指定していってください。

Windows10の使い方・アップグレード方法まとめ

2015.08.04
スポンサードリンク