Windows10が固まった・フリーズしたときの対処法

Windows10のスタートメニュー
Windows10はマイクロソフトの基本OS。フラットデザインを採用し一気にモダンなデザインになりました。使いやすさも上々。いままでのWindowsの開発で培ったノウハウを惜しみなく投入されたユーザーインターフェースは使っていて心地いいと感じられます。

今回はそんなWindows10について。Windows10が使用中に動かなくなった、固まったときの対処法を紹介します。

スポンサードリンク

Windowsが固まったときの対処法

Windowsが動かなくなり操作してもなにもおこらない状況。これはいわゆる「フリーズ」という現象です。キーボードやマウスを操作しても反応せず、画面が固まったままになってしまいます。この「フリーズ」、PCの状態や使用環境によって、発生原因は様々。原因を知って対処することで、再発を防ぐことができます。以下にフリーズの対処方法を示しています。

フリーズ時の対処法
PCがフリーズしてしまったからといって、「強制終了」するのは危険です。作業中のファイルやソフトのデータが失われてしまう可能性があるからです。PCの状況に合わせて適切な対処をした上でも効果が見られなった場合の、最終手段として残しておきましょう。

マウスやキーボードが動いたらタスクマネージャーを利用

まずは、マウスやキーボードが動くかどうかを確認します。画面は固まっていてもマウスのカーソルが動く場合やキーボードが反応する場合、「タスクマネージャー」を起動させることができます。

タスクマネージャーの起動

タスクマネージャーは、キーボードの「Ctrl」+「Alt」+「Delete」を同時に押し、その後の画面で「タスクマネージャー」を選択することで起動させることができます。

タスクマネージャーでソフトを終了させる

タスクマネージャーを起動させると、このように起動中のアプリケーションの一覧とその状態が表示されます。この「状態」が「応答なし」となっているアプリケーションがあれば、それがフリーズの原因となっていることが考えられます。アプリケーション名をクリック後、「タスクの終了」をクリックし、アプリケーションを終了させてみましょう。

タスクマネージャー

キーボードもマウスも動かない場合…コネクタや周辺機器を確認

マウスやキーボードがワイヤレスではない場合、接続ケーブルがきちんと接続されているかや、ケーブル等に破損がないか確認します。特に異常個所が見当たらない場合、外付けのドライブやメモリなどの周辺機器を確認し、取り外してみましょう。

最終手段は強制終了

上記をためしても解決しない場合の最終手段は、強制終了。マウスもキーボードも反応しない状態なので、本体の主電源ボタンを長押しして強制的に終了させます。強制終了後、電源ボタンを押して再起動させてみましょう。起動できない場合は、故障の可能性も考えられるので、メーカーへ問い合わせてみることをおススメします。

フリーズを防ぐためには?

PCのフリーズは、様々な原因が考えられます。フリーズを繰り返さないためには、ソフトウェアのこまめなアップデートや、ドライブの容量の確認、ウイルス対策などが効果的です。

Windows10の使い方・アップグレード方法まとめ

2015.08.04

Amazonのタイムセールもチェック

Amazonでは毎日お得なタイムセールを行っています。ノートPCを利用していくうえで必須のUSBケーブル類やiPhoneと接続するためのLightningケーブルなど。できれば安く済ませたい「あれこれ」を揃えるなら、Amazonのタイムセールは購入の場として、なかなかいい選択肢だと思います。

スポンサードリンク