Windows10で「よく使うアプリ」一覧を消す・非表示にする方法

frequent-use3Windows10はマイクロソフトが提供する人気の基本OS。Windows7やwinodws8から乗り換えた方、新たにPCを買われた方など、使い始めた経緯はさまざまであるものの、使っている人の話を聞くと、皆さん概ね満足。私自身もWindows10には満足しています。

さて、今回はそんなWindows10の使い方について。Windows10のスタートメニューには「よく使うアプリ」というエリアがあり、頻繁に利用するアプリはこのエリアに表示されます。すぐにアクセスができるので便利な一方で「人にどんなアプリ使っているか見られたくない」と思うところもあります。

今回は、そんな「人にどんなアプリ使っているか見られたくない」と思われる方に向けて、Windows10で「よく使うアプリ」一覧を消す・非表示にする方法をご紹介します。

スポンサードリンク

Windows10で「よく使うアプリ」一覧を消す・非表示にする方法

Windows10で「よく使うアプリ」一覧を消す・非表示にする方法はかんたん。以下の手順で返信することができます。

設定を開く

まずはじめに、Windows10のスタートメニューより設定画面を開きます。赤枠の「設定」をクリックしてください。

スタートメニューで設定を開く

パーソナル設定を開く

設定画面では、パーソナル設定をクリックします。

パーソナル設定を選ぶ

スタート設定に進む

パーソナル設定画面では、左に「スタート」という項目があります。ここをクリックしてください。

スタートを選択する

良く使うアプリの表示をオフにする

「良く使うアプリを表示する」をクリックしてオフにします。

良く使われるアプリを表示するをオフに

オフになる

オフになります。オフにした後のスタートメニューは以下のような表示になります。

スタートメニュー

Windows10の使い方・アップグレード方法まとめ

2015.08.04
スポンサードリンク