Windows10で隠しファイルを作成・表示・非表示にする方法

Windows10
Windows10はマイクロソフトの基本OS。フラットデザインを採用し、いままでのWindowsよりもぐっとモダンになりました。使い勝手も上々。ユーザーを中心に考えたインターフェースはとても使いやすく個人的にだいぶ満足しています。

今回はそんなWindows10の使い方について。Windows10では今までのWindowsと同様隠しファイルを利用することができます。

隠しファイルとは通常の状態では見えないようになっているファイルのこと。人に見られたくないには、この機能を利用すると便利です。

ここでは、Windows10で隠しファイルを作る方法、表示する方法を紹介します。
※セキュリティ上安全というものではありませんのでその点ご了解ください。

スポンサードリンク

Windows10で隠しファイルを作る方法

Windows10で隠しファイルを作成したり、表示したりするのはかんたんです。以下のステップを踏んで作成・表示ができます。

ファイルのプロパティに進む

まずはじめに、隠しファイルにしたいファイルを右クリックし「プロパティ」に進みます。

プロパティに進む

隠しファイルの設定をする

以下赤枠の「隠しファイル」にチェックを入れOKを押します。

隠しファイル設定

上記の作業で隠しファイルを作ることができます。

隠しファイルを表示・非表示にする方法

隠しファイルを表示・非表示はエクスプローラーから行えます。以下の赤枠のチェックボックスをいれると隠しファイルが表示され、チェックボックスを外すと非表示になります。

隠しファイルの表示非表示を決める

以上になります。隠しファイルは上記のように簡単に表示・非表示でき、特にセキュリティ上も安全というわけではありません。その点をご理解いただいた上で「通常の状態で人に見られたくない」ファイルなどの管理にご利用ください。

Windows10の使い方・アップグレード方法まとめ

2015.08.04
スポンサードリンク